イヌケホシダ Thelypteris dentata 

ヒメシダ科 ヒメシダ属

イヌケホシダ。2019年3月27日 大阪梅田

生育している環境:低照度・土壌の乾燥・大気の乾燥・高温および寒暖差・風・低肥沃などストレスの多い環境に生育。(あくまでも、そう思えるだけで、数値を計測・比較していません。)

観察された特徴:葉の大きさは35~45㎝、広披針形、光沢のない白緑色~黄緑色、葉身の先の頂羽片ははっきりしない。葉を叢生。植物体全体に毛が密生する。胞子嚢群は円形で中間につく。包膜は円腎形・包膜上には長い毛が密生する。

イヌケホシダ、葉身は淡黄緑色で葉の質は薄い。2019年3月27日 大阪梅田 イヌケホシダ、羽片。2019年3月27日 大阪梅田
(1)イヌケホシダ、葉身
(2)イヌケホシダ、羽片

イヌケホシダ、中軸向軸側。2019年3月27日 大阪梅田 イヌケホシダ、中軸背軸側。胞子嚢群は中間につく。2019年3月27日 大阪梅田
(1)イヌケホシダ、中軸向軸側
(2)イヌケホシダ、中軸背軸側

イヌケホシダ、胞子嚢群。包膜上には長い毛が密生する。2019年3月27日 大阪梅田 イヌケホシダ、胞子嚢群。包膜上には長い毛が密生する。2019年3月27日 大阪梅田
(1)(2)イヌケホシダ、胞子嚢群