エゾノヒメクラマゴケ

イワヒバ科 イワヒバ属 Selaginella helvetica  

風衝地のガレ場に群生するエゾノヒメクラマゴケ。2012年8月10日 蛭ヶ岳~檜洞丸。
生育している環境:標高1400~1500m付近。尾根沿いの風衝地で、砂礫地やガレた岩場の斜面に生育。  
観察された特徴:常緑性。腹葉・背葉を込み合ってつける。クラマゴケの仲間の中では、栄養葉の腹葉は丸く、背葉はやや大きく先端はあまり反り返らない。やや斜めに立ち上がるため植物体が立体的に見える。また、腹葉・背葉の辺縁には鋸歯がある。日あたりのよいところでは紅葉する。胞子のうをつける葉(胞子葉)は立ち上がり、腹葉・背葉は同型に近くなり、先のほうに胞子のうをつける。
生育確認数:1地点。蛭が岳~檜洞丸
葉を込み合ってつけ背葉は斜上することで地表を這う栄養茎は立体的に見える。2012年8月10日 蛭ヶ岳~檜洞丸
エゾノヒメクラマゴケ、紅葉(上)
エゾノヒメクラマゴケ、背葉の鋸歯(左下)
エゾノヒメクラマゴケ、胞子のう群(右下)
背葉は大きく、先端はあまり反り返らない。2012年8月10日 蛭ヶ岳~檜洞丸 胞子のうをつける葉は立ち上がり、腹葉・背葉は同形になる。先のほうに胞子のうをつける。2012年8月10日 蛭ヶ岳~檜洞丸