Top / 五日市周辺のシダ / オオヒメワラビ


オオヒメワラビ

メシダ科 オオシケシダ属 Deparia okuboana

林内に生えるオオヒメワラビ。2016年4月29日 あきる野市戸倉

生育している環境:明るい湿地の草原から、川沿いの林縁・林内まで生育。

観察された特徴:3~5枚の葉を叢生する。葉柄には濃い褐色で落ちやすい鱗片がつく。葉の大きさは80~120cm。葉身は卵形、2~3回羽状に分かれる。葉は黄緑色~鮮緑色。葉の質は草質でやや厚みがある。葉身上部の羽片はやや上向きに羽片をつける。羽軸にはやや広い翼がつく。中軸や羽軸には落ちやすい黒褐色の鱗片がつく(中軸と羽軸の分岐には多い)。胞子のう群は円腎形、包膜は盛り上がり円形に見えるが円腎形や馬蹄形。

生育確認数:5地点、1株~5株まとまって生育。

陽当たりのよい湿原に生えるオオヒメワラビ。2016年4月29日 あきる野市戸倉 オオヒメワラビ、ミドリワラビにくらべ葉の幅は狭く、中軸に対し羽片を鋭角的につける。2016年4月29日 あきる野市戸倉
明るい湿地の草原に生育するオオヒメワラビ(上左)
オオヒメワラビ、葉身(上右)

オオヒメワラビ、葉柄下部の鱗片は暗褐色で早落性。2016年4月29日 あきる野市戸倉 オオヒメワラビ、葉柄下部の鱗片は暗褐色で早落性。2016年4月29日 あきる野市戸倉
オオヒメワラビ、葉柄下部の鱗片(上左、上右)

オオヒメワラビ、小羽片。2016年5月3日 あきる野市戸倉 オオヒメワラビ、裂片。2016年5月3日 あきる野市戸倉
オオヒメワラビ、小羽片(上左)
オオヒメワラビ、裂片(上右)

オオヒメワラビ、中軸と羽軸の分岐から羽軸にかけて黒褐色披針形の鱗片がつく。2016年5月3日 あきる野市戸倉 オオヒメワラビ、中軸と羽軸の分岐から羽軸にかけて黒褐色披針形の鱗片がつく。2016年5月3日 あきる野市戸倉
オオヒメワラビ、中軸と羽軸の分岐(上左、上右)

オオヒメワラビ、羽軸の翼の幅は広い。2016年4月29日 あきる野市戸倉
オオヒメワラビ、羽軸の翼

オオヒメワラビ、胞子のう群は大きい。2016年4月29日 あきる野市戸倉 オオヒメワラビ、包膜は馬蹄形で辺縁には鋸歯がある。2016年4月29日 あきる野市戸倉
オオヒメワラビ、胞子のう群(上左)
オオヒメワラビ、包膜(上右)