シムライノデモドキ Polystichum shimurae x P. tagawanum

オシダ科 イノデ属

上部を樹冠に覆われた日陰の谷に育するシムライノデモドキ。2018年2月26日 五日市 

生育している環境:このあたりのシダに詳しい方に案内していただきました。スギ・ヒノキが生育する森、上部を樹冠に覆われた谷部のややウエットな環境。周辺にはシムライノデやイノデモドキ・ツヤナシイノデなどが見られる。

観察された特徴:常緑性。①葉は大きく70~80㎝。葉の色はシムライノデとよく似て黄色味を帯びた緑色。②葉柄につく鱗片は、周辺が淡色で赤味を帯びた栗色・披針形~卵形で辺縁には細かい鋸歯がつく。③葉柄上部~中軸にかけての鱗片は赤味を帯びた褐色で辺縁には和紙を裂いたようなよく目立つ鋸歯がつく。④小羽片の鋸歯(ノギ)は発達する。⑤胞子嚢群は辺縁寄りにつき、胞子嚢は弾けずにまとまっている。

生育確認数:1地点、1株。五日市

シムライノデモドキ、冬芽は栗色で辺縁はわずかに淡い。2018年2月26日 五日市 シムライノデモドキ、葉柄基部背軸側の鱗片は赤味を帯びた栗色。2018年2月26日 五日市 シムライノデモドキ、葉柄基部向軸側の鱗片は淡褐色に赤味を帯びた栗色が入る。2018年2月26日 五日市
(1)シムライノデモドキ、冬芽
(2)シムライノデモドキ、葉柄基部の鱗片(背軸側)
(3)シムライノデモドキ、葉柄基部の鱗片(向軸側)

シムライノデモドキ、葉柄の鱗片は赤味を帯びた栗色で辺縁には細かい鋸歯が入る。2018年2月26日 五日市 シムライノデモドキ、葉柄の鱗片は赤味を帯びた栗色で辺縁には細かい鋸歯が入る(拡大)。2018年2月26日 五日市 シムライノデモドキ、葉柄上部の鱗片は赤味を帯びた栗色で辺縁には細かい鋸歯が入る。2018年2月26日 五日市
(1)シムライノデモドキ、葉柄の鱗片
(2)シムライノデモドキ、葉柄の鱗片(拡大)
(3)シムライノデモドキ、葉柄上部の鱗片

シムライノデモドキ、中軸下部の鱗片の中央には栗色が入ることがある。2018年2月26日 五日市 シムライノデモドキ、中軸下部の鱗片の辺縁は和紙を裂いたような鋸歯がつく。2018年2月26日 五日市 シムライノデモドキ、中軸下部の鱗片の辺縁は和紙を裂いたような鋸歯がつく。2018年2月26日 五日市
(1)シムライノデモドキ、中軸下部の鱗片
(2)シムライノデモドキ、中軸下部の鱗片
(3)シムライノデモドキ、中軸下部の鱗片(拡大)

シムライノデモドキ、葉身中部の羽片。2018年2月26日 五日市 シムライノデモドキ、中軸向軸側、葉はシムライノデに似て黄色味を帯びた緑色。2018年2月26日 五日市
(1),(2)シムライノデモドキ、葉身中部の羽片
(1),(2)シムライノデモドキ、中軸向軸側

シムライノデモドキ、小羽片の表側は胞子嚢群の位置で膨らむ。2018年2月26日 五日市 
シムライノデモドキ、羽片

シムライノデモドキ、胞子嚢群葉辺縁寄りにつく。2018年2月26日 五日市 シムライノデモドキ、小羽片辺縁の鋸歯は長い。胞子嚢は弾けずにまとまっている。2018年2月26日 五日市
(1),(2)シムライノデモドキ、胞子嚢群