ウスヒメワラビ  Acystopteris japonica

ナヨシダ科 ウスヒメワラビ属

切り立った岩場の陰に生えるウスヒメワラビ。2021年7月18日 加賀市 山中温泉大土町

生育している環境:標高250m、切り立った岩場や崖に生育。

観察された特徴:繊細なシダ。葉柄・中軸・羽軸は華奢で黒褐色~臙脂色、淡褐色膜質の鱗片や毛をやや密につける。葉の大きさは30~50㎝、3回羽状に分かれ、鮮緑色で葉の質は薄く、葉の両面には白い毛が目立つ。胞子嚢は黄色。包膜はない。

切り立った岩場の陰に生えるウスヒメワラビ。2021年7月18日 加賀市 山中温泉大土町 ウスヒメワラビ、葉柄・中軸。2021年7月18日 加賀市 山中温泉大土町
(1)切り立った岩場の陰に生えるウスヒメワラビ
(2)ウスヒメワラビ、葉柄・中軸

ウスヒメワラビ、葉柄や葉面に生える毛や鱗片。2021年7月18日 加賀市 山中温泉大土町 ウスヒメワラビ、胞子嚢群。2021年7月18日 加賀市 山中温泉大土町
(1)ウスヒメワラビ、葉柄や葉面に生える毛や鱗片
(2)ウスヒメワラビ、胞子嚢群



戻る