小羽片の先が鈍頭のタニイヌワラビ Athyrium otophorum

メシダ科 メシダ属

ウエットな林床に生育する小羽片の先が鈍頭のタニイヌワラビ。2021年7月19日 小松市 滝ケ原町

生育している環境:スギ・ヒノキ林内、沢沿いの林床。

観察された特徴:小羽片が尖らないタニイヌワラビ。胞子のようすを観察していないので雑種の可能性も考えられる。葉柄基部の鱗片は黒に近い黒褐色。葉柄・・中軸・羽軸は赤みを帯びた臙脂色。羽片の柄は短い。小羽片の耳垂は発達するが先端は鈍頭、小羽片の先端も鈍頭。胞子嚢群は中肋寄りにつき、包膜は線形・三日月型・鈎型などが混ざる。

小羽片の先が鈍頭のタニイヌワラビ、葉柄基部の鱗片。2021年7月19日 小松市 滝ケ原町 小羽片の先が鈍頭のタニイヌワラビ、葉柄基部の鱗片。2021年7月19日 小松市 滝ケ原町
(1)(2)小羽片の先が鈍頭のタニイヌワラビ、葉柄基部の鱗片

小羽片の先が鈍頭のタニイヌワラビ、葉身下部。2021年7月19日 小松市 滝ケ原町 小羽片の先が鈍頭のタニイヌワラビ、中軸および小羽片。2021年7月19日 小松市 滝ケ原町
(1)小羽片の先が鈍頭のタニイヌワラビ、葉身下部
(2)小羽片の先が鈍頭のタニイヌワラビ、中軸および小羽片

小羽片の先が鈍頭のタニイヌワラビ、胞子嚢群。2021年7月19日 小松市 滝ケ原町 小羽片の先が鈍頭のタニイヌワラビ、胞子嚢群。2021年7月19日 小松市 滝ケ原町
(1)(2)小羽片の先が鈍頭のタニイヌワラビ、胞子嚢群

小羽片の先が鈍頭のタニイヌワラビ、葉身下部。2021年7月19日 小松市 滝ケ原町 小羽片の先が鈍頭のタニイヌワラビ、中軸および小羽片。2021年7月19日 小松市 滝ケ原町
(1)(2)小羽片の先が鈍頭のタニイヌワラビ、包膜



戻る