ヤマソテツ Plagiogyria matsumureana

キジノオシダ科 キジノオシダ属

低山の湖のそばにコバノイシカグマやミヤマイタチシダなどとともに生育するヤマソテツ。2021年7月18日 能美市

生育している環境:標高250~300m、小さな湖のそばにまとまって生育。同様な標高の周辺の林床では目にすることはなかった。標高は低いが険しい山に囲まれた湖の周りは、湿度が高く夏でも涼しいため生育に適しているのでなないかと思われる。一般にはもっと標高の高いところに生育することが多いが、加賀地方南部では普通どのくらいの標高のところに生育しているのか調べていない。

観察された特徴:多数の葉を叢生する。2形性。葉は35~60㎝、単羽状、紡錘形で下部の羽片も短縮するがシマヤマソテツのように耳状にはならない。羽片の辺縁は鋸状。

低山の湖のそばに生育するヤマソテツ。2021年7月18日 能美市 低山の湖のそばに生育するヤマソテツ。2021年7月18日 能美市
(1)(2)低山の湖のそばに生育するヤマソテツ

ヤマソテツ、栄養葉の葉柄。2021年7月18日 能美市 ヤマソテツ、栄養葉の葉柄。2021年7月18日 能美市
(1)(2)ヤマソテツ、栄養葉の葉柄

ヤマソテツ、栄養葉。2021年7月18日 能美市 ヤマソテツ、栄養葉の羽片。2021年7月18日 能美市
(1)(2)ヤマソテツ、栄養葉

ヤマソテツ、胞子葉は立ち上がり栄養葉よりも長くなる。2021年7月18日 能美市
ヤマソテツ、胞子葉



戻る