渓谷沿いに生育するシダ類。2019年7月13日 釜無川支流
秩父や奥多摩の石灰岩地帯と同じく、釜無山東部には中央構造線外帯に属する中生代の石灰岩地帯が構造線に沿って帯状に存在している。
今回は、この石灰岩地帯を含む地域を歩いた。いろいろな環境に生育するシダを観察する目的で、釜無川のひとつの支流から山頂を目指した。たくさんのシダを見ることはできたが、初めてのコースで同行の方々には悪路を共にしていただくこととなり、ご迷惑をおかけすることとなった。
 

ヒカゲノカズラ科 ヒカゲノカズラ属

明るい林縁内や陽当たりのよい林縁斜面にヒカゲノカズラ、大きいヒカゲノカズラ、アスヒカズラが生育。
ヒカゲノカズラ
胞子嚢穂葉2~4㎝。
ヒカゲノカズラ。2019年7月13日 釜無山 ヒカゲノカズラ、胞子嚢穂。2019年7月13日 釜無山
(1)ヒカゲノカズラ
(2)ヒカゲノカズラ、胞子嚢穂

ヒカゲノカズラ、胞子嚢穂。2019年7月13日 釜無山 
ヒカゲノカズラ、胞子嚢穂





大きいヒカゲノカズラ
主茎・側枝および葉が、生育環境によって大きくなったヒカゲノカズラかもしれない。胞子嚢穂はヒカゲノカズラよりも短く1.0~1.5㎝であった(これから成長するのかもしれない)。
大きいヒカゲノカズラ。2019年7月13日 釜無山 大きいヒカゲノカズラ、胞子嚢穂。2019年7月13日 釜無山
(1)大きいヒカゲノカズラ
(2)大きいヒカゲノカズラ、胞子嚢穂

大きいヒカゲノカズラ。2019年7月13日 釜無山 大きいヒカゲノカズラ、胞子嚢穂。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)大きいヒカゲノカズラ、側枝

大きいヒカゲノカズラ。2019年7月13日 釜無山 大きいヒカゲノカズラ、胞子嚢穂。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)大きいヒカゲノカズラ、主茎
(1)(2)大きいヒカゲノカズラ、側枝

大きいヒカゲノカズラ、胞子嚢穂。2019年7月13日 釜無山 ヒカゲノカズラの胞子嚢穂(左)と大きいヒカゲノカズラ、胞子嚢穂(右)。2019年7月13日 釜無山 
(1)大きいヒカゲノカズラ、胞子嚢穂 
(2)ヒカゲノカズラの胞子嚢穂(左)と大きいヒカゲノカズラ、胞子嚢穂(右)
※大きいヒカゲノカズラの胞子嚢穂はこれからまだ成長するのかもしれない。

ヒカゲノカズラの側枝(上)と大きいヒカゲノカズラ、側枝(下)。2019年7月13日 釜無山 ヒカゲノカズラの側枝(右)は2㎜弱、大きいヒカゲノカズラ、側枝(左)は3㎜弱。2019年7月13日 釜無山 
(1)ヒカゲノカズラ、側枝(上)と大きいヒカゲノカズラ、側枝(下)
(2)ヒカゲノカズラ、側枝の茎径(左)と大きいヒカゲノカズラ、茎径(右)





アスヒカズラ
水はけはよいが、ウエットな林縁斜面に生育。
アスヒカズラ。2019年7月13日 釜無山 アスヒカズラ。2019年7月13日 釜無山 
アスヒカズラ
林縁の斜面に群生するアスヒカズラ

アスヒカズラ、胞子嚢穂。2019年7月13日 釜無山 アスヒカズラ、胞子嚢穂。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)アスヒカズラ、胞子嚢穂

アスヒカズラ、葉。2019年7月13日 釜無山 アスヒカズラ、葉。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)アスヒカズラ、葉




ゼンマイ科 ゼンマイ属

ヤマドリゼンマイ
渓谷沿いの陽当たりのよい草地に高茎草本と共に群生。




コバノイシカグマ科 コバノイシカグマ属

オウレンシダ
石灰岩地帯では大群落を形成し普通種であるが、ほかではまばらに見られる程度。
石灰岩の岩屑上に群生するオウレンシダ。2019年7月13日 釜無山
オウレンシダ




コバノイシカグマ科 オオフジシダ属

フジシダ
岩屑上に群生するフジシダ。2019年7月13日 釜無川支流 フジシダ。2019年7月13日 釜無川支流
(1)(2)フジシダ

フジシダ、羽片。2019年7月13日 釜無川支流 フジシダ、胞子嚢群。2019年7月13日 釜無川支流
(1)フジシダ、羽片
(2)フジシダ、胞子嚢群

フジシダ、芽立ち。2019年6月22日 釜無川支流
フジシダ、芽立ち




イノモトソウ科 イワガネゼンマイ属

ワガネゼンマイ
山頂付近石灰岩地帯では羽片のスリムなイワガネゼンマイがタチヒメワラビと共に群生していた。

タチヒメワラビ(中央)と一緒に生育する羽片のスリムなイワガネゼンマイ。2019年7月13日 釜無山 林縁斜面に群生する羽片のスリムなイワガネゼンマイ。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)羽片のスリムなイワガネゼンマイ



イノモトソウ科 ホウライシダ属

ハコネシダ
クジャクシダ




ナヨシダ科 ナヨシダ属

ナヨシダ
石灰岩地帯、石灰岩上に生育。薄暗い林内~多少樹木はあるが明るい環境。

片側が開けた石灰岩の明るい崖に生育するナヨシダ。2019年7月13日 釜無山 片側が開けた石灰岩の明るい崖に生育するナヨシダ。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)石灰岩の明るい崖に生育するナヨシダ

樹林内の石灰岩の岩壁に生育するナヨシダ。2019年7月13日 釜無山 樹林内の石灰岩の岩壁に生育するナヨシダ。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)樹林内の石灰岩上に生育するナヨシダ

胞子嚢群にバンダナを巻いたような包膜。2019年7月13日 釜無山 包膜からあふれる胞子嚢群。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)ナヨシダ、胞子嚢群

包膜は片側に開く。2019年7月13日 釜無山 包膜は膜質・半透明。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)ナヨシダ、包膜

胞子数は60個程度確認でき有性生殖種。2019年7月13日 釜無山
ナヨシダ、1つの胞子嚢を壊したようす

ナヨシダシダ、胞子上面。2019年7月13日 釜無山 ナヨシダシダ、胞子側面。2019年7月13日 釜無山
(1)ナヨシダ、胞子上面
(2)ナヨシダ、胞子上面

ナヨシダシダ、胞子上面。2019年7月13日 釜無山 ナヨシダシダ、胞子側面。2019年7月13日 釜無山
(1)ナヨシダ、胞子上面
(2)ナヨシダ、胞子上面





ヤマヒメワラビ
樹林内を流れ下る渓谷沿いの岩上に生育。根茎は長く這い、間隔をあけて葉をつける。葉柄や中軸は瑞々しく柔らかい。葉柄には黒褐色・膜質の鱗片をまばらにつける。包膜は一部開いて胞子嚢をのぞかせる。包膜上には腺点のような突起が見られた。北岳3000m付近で観察されたヤマヒメワラビと同じものかどうか改めて調べる必要がある。

渓谷の岩上にコケ類と共に葉を広げるヤマヒメワラビ。2019年7月13日 釜無川支流 暗い岩壁に群生するヤマヒメワラビ。2019年7月13日 釜無川支流
(1)渓谷の岩上にコケ類と共に葉を広げるヤマヒメワラビ
(2)暗い岩壁に群生するヤマヒメワラビ

ヤマヒメワラビ、葉身。2019年7月13日 釜無川支流 ヤマヒメワラビ、胞子嚢群。2019年7月13日 釜無川支流  
(1)ヤマヒメワラビ、葉身
(2)ヤマヒメワラビ、胞子嚢群

ヤマヒメワラビ、根茎は長く這い間隔をあけて葉をつける。2019年7月13日 釜無川支流 ヤマヒメワラビ、葉柄・中軸・羽片は瑞々しく柔らかい。2019年7月13日 釜無川支流 
(1)(2)ヤマヒメワラビ、根茎・葉柄

ヤマヒメワラビ、胞子嚢群。2019年7月13日 釜無川支流 ヤマヒメワラビ、胞子嚢群。2019年7月13日 釜無川支流 
(1)(2)ヤマヒメワラビ、胞子嚢群

ヤマヒメワラビ、包膜は片側に開く。2019年7月13日 釜無川支流 ヤマヒメワラビ、包膜上には突起がある。2019年7月13日 釜無川支流 
(1)(2)ヤマヒメワラビ、包膜

ヤマヒメワラビ、胞子数は60個近く確認でき有性生殖種。2019年7月13日 釜無川支流 
ヤマヒメワラビ、1つの胞子嚢を壊したようす

ヤマヒメワラビ、胞子上面。2019年7月13日 釜無川支流 ヤマヒメワラビ、胞子側面。2019年7月13日 釜無川支流 
(1)ヤマヒメワラビ、胞子上面
(2)ヤマヒメワラビ、胞子側面

ヤマヒメワラビ、胞子上面。2019年7月13日 釜無川支流 ヤマヒメワラビ、胞子側面。2019年7月13日 釜無川支流 
(1)ヤマヒメワラビ、胞子上面
(2)ヤマヒメワラビ、胞子側面




ナヨシダ科 ウサギシダ属

イワウサギシダ
山頂近くの陽当りのよい石灰岩の岩屑上や岩壁に生育。

明るい石灰岩の岩屑上に群生するイワウサギシダ。2019年7月13日 釜無山 明るい石灰岩の岩屑上に群生するイワウサギシダ。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)明るい石灰岩の岩屑上に群生するイワウサギシダ

陽当りのよい石灰岩の岩壁に生育するイワウサギシダ。2019年7月13日 釜無山 陽当りのよい石灰岩の岩壁に生育するイワウサギシダ(栄養葉)。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)陽当りのよい石灰岩の岩壁に生育するイワウサギシダ




チャセンシダ科 チャセンシダ属

アオチャセンシダ
石灰岩の岩壁、岩の割れ目などに生育する。

陽当りのよい石灰岩の岩壁の割れ目に生育するアオチャセンシダ。2019年7月13日 釜無山 樹林内の石灰岩上に生育するアオチャセンシダ。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)石灰岩上に割れ目に生育するアオチャセンシダ

アオチャセンシダ、葉身。2019年7月13日 釜無山 アオチャセンシダ、葉身裏側。2019年7月13日 釜無山
(1)アオチャセンシダ、葉身
(2)アオチャセンシダ、葉身裏側

アオチャセンシダ、胞子嚢群。2019年7月13日 釜無山 アオチャセンシダ、胞子嚢群と包膜。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)アオチャセンシダ、胞子嚢群





コタニワタリ
石灰岩の岩の割れ目に生育する。

石灰岩の岩の割れ目に生育するコタニワタリ。2019年7月13日 釜無山 コタニワタリ、胞子嚢群。2019年7月13日 釜無山
(1)石灰岩の岩の割れ目に生育するコタニワタリ
(2)コタニワタリ、胞子嚢群




ヒメシダ科 ヒメシダ属

タチヒメワラビ
釜無山上部、石灰岩地帯に広がる針葉樹林の林縁、ある程度腐植が堆積していると思われる草原斜面にはイワガネゼンマイを含む高茎草本が生い茂る。共に生育しているイワガネゼンマイは羽片の幅が狭い。
 標高1200~1300mの釜無山中腹、同じ石灰岩地帯、カラマツ林内でもタチヒメワラビを観察。

林縁に広がる高茎草本の草原斜面に群生するタチヒメワラビ。2019年7月13日 釜無山 タチヒメワラビ、葉身上部。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)林縁に広がる高茎草本の草原斜面に群生するタチヒメワラビ

タチヒメワラビ、最下羽片。2019年7月13日 釜無山 タチヒメワラビ、羽片。2019年7月13日 釜無山
(1)タチヒメワラビ、最下羽片
(2)タチヒメワラビ、羽片

タチヒメワラビ、羽片裏側。2019年7月13日 釜無山 タチヒメワラビ、中軸。2019年7月13日 釜無山
(1)タチヒメワラビ、羽片裏側
(2)タチヒメワラビ、中軸

タチヒメワラビ、胞子嚢群。2019年7月13日 釜無山
タチヒメワラビ、胞子嚢群




ヒメシダ科 ミヤマワラビ属''

ミヤマワラビ
釜無山では山頂付近まで普通に観察される。




イワデンダ科 イワデンダ属

イワデンダ
釜無川支流、チャートや砂岩などの岩壁に生育。





トガクシデンダ
釜無山上部、石灰岩上に生育。樹林内の石灰岩上にはナヨシダも生育しており、よく似ているので区別に注意が必要。

明るい石灰岩上に生育するトガクシデンダ。2019年7月13日 釜無山 明るい石灰岩上に生育するトガクシデンダ。2019年7月13日 釜無山 
(1)(2)明るい石灰岩上に生育するトガクシデンダ(同一個体)

樹林内の石灰岩上に生育するトガクシデンダ。2019年7月13日 釜無山 樹林内の石灰岩上に生育するトガクシデンダ(右および左下)とアオチャセンシダ(左)。2019年7月13日 釜無山 
(1)(2)樹林内の石灰岩上に生育するトガクシデンダ

トガクシデンダ、葉の裏側の包膜の毛が羽片からはみ出す。2019年7月13日 釜無山 トガクシデンダ、羽片裏側。2019年7月13日 釜無山 
(1)トガクシデンダ、羽片
(2)トガクシデンダ、羽片裏側

トガクシデンダ、胞子嚢群および包膜。2019年7月13日 釜無山 トガクシデンダ、胞子嚢群および包膜。2019年7月13日 釜無山 
(1)(2)トガクシデンダ、胞子嚢群および包膜




メシダ科 メシダ属

イッポンワラビ
釜無川支流、渓谷沿いで普通に見られる。
イッポンワラビ、釜無川支流の沢沿いで観察。2019年7月13日 釜無川支流 
(写真の映りが今一ですみません)

イッポンワラビ、胞子嚢群はほぼ円形で小さい。2019年7月13日 釜無川支流 イッポンワラビ、包膜はない。2019年7月13日 釜無川支流
(1)(2)イッポンワラビ、胞子嚢群
 




タカネサトメシダ
釜無山高所石灰岩地帯で観察。針葉樹林下林床に生育。葉柄は長く、葉身と同長程度。葉柄基部には淡褐色・膜質・広披針形の鱗片をつける。葉身は草質、卵形、2回~3回羽状に分かれる。胞子嚢群は中肋寄りにつき、包膜の端は和紙を裂いたようにほつれる。

針葉樹林林床に生育するタカネサトメシダ。2019年7月13日 釜無山 針葉樹林林床に生育するタカネサトメシダ。2019年7月13日 釜無山 
(1)(2)針葉樹林林床に生育するタカネサトメシダ

タカネサトメシダ、羽片。2019年7月13日 釜無山 タカネサトメシダ、芽立ち。2019年7月13日 釜無山 
(1)(2)タカネサトメシダ、羽片
(1)(2)タカネサトメシダ、新芽の芽立ち

タカネサトメシダ、葉柄。2019年7月13日 釜無山 タカネサトメシダ、葉柄の鱗片。2019年7月13日 釜無山 
(1)(2)タカネサトメシダ、葉柄
(1)(2)タカネサトメシダ、葉柄の鱗片

タカネサトメシダ、包膜。2019年7月13日 釜無山 タカネサトメシダ、包膜。2019年7月13日 釜無山 
(1)(2)タカネサトメシダ、包膜





ミヤマヘビノネゴザ
釜無山高所石灰岩地帯で観察。針葉樹林下、朽ちた倒木上にコケ類と共に林床に生育。葉柄は3~6㎝で葉身の1/3程度。葉柄には褐色・膜質の鱗片をつける。葉身は草質・黄緑色で柔らかく2回羽状、12~16㎝。小羽片は羽軸に広く合着する。包膜の端は和紙を裂いたようにほつれる。付近にはイワウサギシダやタカネサトメシダが生育。

針葉樹林下朽ちた倒木上に生育するミヤマヘビノネゴザ。2019年7月13日 釜無山 ミヤマヘビノネゴザ、葉身。2019年7月13日 釜無山
(1)針葉樹林下朽ちた倒木上に生育するミヤマヘビノネゴザ
(2)ミヤマヘビノネゴザ、葉身

ミヤマヘビノネゴザ、葉柄基部。2019年7月13日 釜無山 
(1)ミヤマヘビノネゴザ、葉柄基部

ミヤマヘビノネゴザ、葉柄。2019年7月13日 釜無山 ミヤマヘビノネゴザ、葉柄鱗片。2019年7月13日 釜無山
(1)ミヤマヘビノネゴザ、葉柄
(2)ミヤマヘビノネゴザ、葉柄鱗片

ミヤマヘビノネゴザ、羽片。2019年7月13日 釜無山 ミヤマヘビノネゴザ、羽片。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)ミヤマヘビノネゴザ、羽片

ミヤマヘビノネゴザ、羽片基部には褐色の鱗片や毛が生える。2019年7月13日 釜無山
ミヤマヘビノネゴザ、羽片基部

ミヤマヘビノネゴザ、包膜。2019年7月13日 釜無山 ミヤマヘビノネゴザ、包膜。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)ミヤマヘビノネゴザ、包膜





ミヤマメシダ
釜無山中腹渓谷沿い(標高およそ1400m)~釜無山上部(標高およそ2000m)まで観察。
葉の大きさは40~70㎝、黄緑色。葉柄および中軸の鱗片は黒に近い黒褐色。
ミヤマメシダ。2019年7月13日 釜無川支流 ミヤマメシダ。2019年7月13日 釜無山 
(1)(2)ミヤマメシダ

ミヤマメシダ、葉身下部。2019年7月13日 釜無山 ミヤマメシダ、葉柄。2019年7月13日 釜無山 
(1)(2)ミヤマメシダ、葉身下部
(1)(2)ミヤマメシダ、葉柄




メシダ科 シケシダ属

オオメシダ
釜無川支流渓谷沿いおよび釜無山高所沢沿いで観察。林内~林縁、沢沿いのウエットな環境に生育。この季節まだ葉身は展開しつつあり150㎝程度あった。完全に展開すると2m程度になると思われる。

林縁の急な谷筋に生育するオオメシダ。2019年7月13日 釜無山 オオメシダ、展開しつつある葉身。2019年7月13日 釜無山
(1)林縁の急な谷筋に生育するオオメシダ
(2)展開しつつあるオオメシダの葉

オオメシダ、葉柄の鱗片。2019年7月13日 釜無山 
(1)オオメシダ、葉柄の鱗片

オオメシダ、羽片。2019年7月13日 釜無山 オオメシダ、小羽片。2019年7月13日 釜無山
(1)オオメシダ、羽片
(2)オオメシダ、小羽片



幼株 釜無山中腹で観察
釜無川支流渓谷で見られたオオメシダの幼株。2019年7月13日 釜無川支流 釜無川支流渓谷で見られたオオメシダの幼株。2019年7月13日 釜無川支流
(1)オオメシダの幼株
(2)オオメシダの幼株、葉身

釜無川支流渓谷で見られたオオメシダの幼株。2019年7月13日 釜無川支流 釜無川支流渓谷で見られたオオメシダの幼株。2019年7月13日 釜無川支流
(1)オオメシダの幼株、最下羽片
(2)オオメシダの幼株、羽片

オオメシダの幼株の葉柄、短毛があり幅の広い褐色の鱗片を貼り付くようにつける。2019年7月13日 釜無川支流
(1)オオメシダの幼株、葉柄




メシダ科 ノコギリシダ属

標高1500m前後では樹林内ではミヤマシダ、狭い渓谷沿いの草原の林縁ではキヨタキシダが観察された。釜無山上部の石灰岩地帯ではキタノミヤマシダが観察された。
キヨタキシダ
樹林内にはミヤマシダが生育するが、両側の山が迫った狭い河原に高茎草本と共に生育していた。
渓谷沿いの河原に生育するキヨタキシダ。2019年7月13日 釜無川支流





ミヤマシダ
釜無川支流渓谷沿いでは樹冠に覆わた暗い林道沿いでイッポンワラビと共に普通に見られる。

暗い林道沿いの崖に生育するミヤマシダ。2019年6月22日 釜無川支流 暗い林道沿いの崖に生育するミヤマシダ。2019年6月22日 釜無川支流 
(1)(2)暗い林道沿いの崖に生育するミヤマシダ

ミヤマシダ、胞子嚢群。2019年6月22日 釜無川支流 ミヤマシダ、胞子嚢群。2019年6月22日 釜無川支流 
(1)(2)ミヤマシダ、胞子嚢群





キタノミヤマシダ
釜無山高所石灰岩地帯で観察。針葉樹林下林床に生育。葉柄には黒褐色の鱗片がやや密につく。葉の大きさは30~40㎝(葉身は20~25㎝)、3回羽状に深裂し裂片には鈍鋸歯がある。中軸裏側や羽軸裏側・小羽軸裏側には毛が生える。胞子嚢群は裂片中肋と辺縁の中間につく。包膜の端には鋸歯がある。

針葉樹林林床に生育するキタノミヤマシダ。2019年7月13日 釜無山 キタノミヤマシダ、葉身。2019年7月13日 釜無山 
(1)針葉樹林林床に生育するキタノミヤマシダ
(2)キタノミヤマシダ、葉身

キタノミヤマシダ、葉柄の鱗片。2019年7月13日 釜無山 キタノミヤマシダ、葉柄基部の鱗片。2019年7月13日 釜無山 
(1)キタノミヤマシダ、葉柄の鱗片
(2)キタノミヤマシダ、葉柄基部の鱗片

キタノミヤマシダ、羽片。2019年7月13日 釜無山 キタノミヤマシダ、羽片。2019年7月13日 釜無山 
(1)(2)キタノミヤマシダ、羽片

キタノミヤマシダ、小羽片裏側の毛。2019年7月13日 釜無山 キタノミヤマシダ、小羽片裏側の毛。2019年7月13日 釜無山 
(1)(2)キタノミヤマシダ、小羽片裏側

キタノミヤマシダ、包膜。2019年7月13日 釜無山 キタノミヤマシダ、包膜。2019年7月13日 釜無山 
(1)(2)キタノミヤマシダ、包膜

キタノミヤマシダ、胞子数は50個程度確認でき有性生殖種。2019年7月13日 釜無山 キタノミヤマシダ、胞子数は55個程度確認でき有性生殖種。2019年7月13日 釜無山 
(1)(2)キタノミヤマシダ、1つの胞子を壊したようす

キタノミヤマシダ、胞子上面。2019年7月13日 釜無山 キタノミヤマシダ、胞子側面。2019年7月13日 釜無山 
(1)キタノミヤマシダ、胞子上面
(2)キタノミヤマシダ、胞子側面

キタノミヤマシダ、胞子上面。2019年7月13日 釜無山 キタノミヤマシダ、胞子側面。2019年7月13日 釜無山 
(1)キタノミヤマシダ、胞子上面
(2)キタノミヤマシダ、胞子側面




オシダ科 カナワラビ属''

シノブカグマ




オシダ科 オシダ属''

オシダ
シラネワラビ




オシダ科 イノデ属''

ジュウモンジシダ、ツルデンダ、ホソイノデ、イワシロイノデ、トヨグチイノデを観察。
ジュウモンジシダ
渓谷沿いで普通に見られる。

ツルデンダ
1株観察。意外に石灰岩地帯の岩場ではあまり生えていなかった。標高が高いためであろうか。

イワシロイノデ
釜無川支流渓谷沿い樹林内ではやや普通に見られる。胞子嚢群は葉身上側・羽片先からつくが、葉身中部の胞子嚢群はやや辺縁寄りにつき、葉身上部では中間につく。
釜無山中腹(~1800m)の樹林林帯林床に生育するイワシロイノデ。2019年7月13日 釜無川支流 イワシロイノデ、羽片。2019年7月13日 釜無川支流
(1)渓谷沿いの林床に生育するイワシロイノデ
(2)イワシロイノデ、羽片

イワシロイノデ、葉柄上部。2019年7月13日 釜無川支流 イワシロイノデ、葉柄下部。2019年7月13日 釜無川支流
(1)イワシロイノデ、葉柄上部
(2)イワシロイノデ、葉柄下部

イワシロイノデ、中軸の鱗片。2019年7月13日 釜無川支流 
イワシロイノデ、中軸の鱗片

イワシロイノデ、葉身中部~上部の胞子嚢群は中間につく。2019年7月13日 釜無川支流 イワシロイノデ、葉身中部の胞子嚢群はやや辺縁寄りにつく。2019年7月13日 釜無川支流
(1)葉身中部~上部の胞子嚢群は中間につくイワシロイノデイ
(2)葉身中部の胞子嚢群はやや辺縁寄りにつくイワシロイノデ

標本2
釜無山中腹(~1800m)の樹林林帯林床に生育するイワシロイノデ。2019年7月13日 釜無川支流 イワシロイノデ胞子嚢群、上部では中間に、葉身中部つき始めでは辺縁寄りにつく。2019年7月13日 釜無川支流
(1)渓谷沿いの林床に生育するイワシロイノデ
(2)イワシロイノデ、胞子嚢群

イワシロイノデ、葉身中部の胞子嚢群はやや辺縁寄りにつく。2019年7月13日 釜無川支流
葉身中部の胞子嚢群はやや辺縁寄りにつくイワシロイノデ

イワシロイノデ、葉柄鱗片。2019年7月13日 釜無川支流 イワシロイノデ、中軸鱗片。2019年7月13日 釜無川支流
(1)イワシロイノデ、葉柄鱗片
(2)イワシロイノデ、中軸鱗片




ホソイノデ
釜無山中腹~かけて。樹林林帯を流れる渓谷沿い、岩場や腐食の少ない林床に生育するホソイノデ。2019年7月13日 釜無川支流 ホソイノデ、羽片。2019年7月13日 釜無川支流
(1)渓谷沿いの林床に生育するホソイノデ
(2)ホソイノデ、羽片

ホソイノデ、葉柄基部の鱗片。2019年7月13日 釜無川支流 ホソイノデ、中軸の鱗片。2019年7月13日 釜無川支流
(1)ホソイノデ、葉柄基部の鱗片
(2)ホソイノデ、中軸の鱗片

ホソイノデ、葉身下部。2019年7月13日 釜無川支流 ホソイノデ、葉身下部裏側。2019年7月13日 釜無川支流
(1)ホソイノデ、葉身下部
(2)ホソイノデ、葉身下部裏側

ホソイノデ、胞子嚢群。2019年7月13日 釜無川支流 ホソイノデ、包膜。2019年7月13日 釜無川支流
(1)(2)ホソイノデ、胞子嚢群

ホソイノデ、胞子数は60個以上確認できる。有性生殖種。2019年7月13日 釜無川支流 ホソイノデ、胞子数は60個以上確認できる。有性生殖種。2019年7月13日 釜無川支流
(1)(2)ホソイノデ、1つの胞子嚢を壊したようす

ホソイノデ、胞子上面。2019年7月13日 釜無山 ホソイノデ、胞子側面。2019年7月13日 釜無山 
(1)ホソイノデ、胞子上面
(2)ホソイノデ、胞子側面

ホソイノデ、胞子上面。2019年7月13日 釜無山 ホソイノデ、胞子側面。2019年7月13日 釜無山 
(1)ホソイノデ、胞子上面
(2)ホソイノデ、胞子側面

ホソイノデ、小さな成株(葉の長さ18~25㎝。2019年7月13日 釜無山 
(1)ホソイノデ、小さな成株





トヨグチイノデ
樹林帯内石灰岩上やその周辺の林床に生育。6株程度観察。葉の大きさは20~30㎝。葉身の先は鋭くなく鈍頭。胞子嚢群は辺縁寄り。

釜無山上部石灰岩地帯、樹冠に覆われた石灰岩の岩壁の周辺や腐食が載った岩棚に生育するトヨグチイノデ。2019年7月13日 釜無山 
石灰岩地帯の樹林内に生育するトヨグチイノデ

トヨグチイノデ、葉身。2019年7月13日 釜無山 トヨグチイノデ、羽片。2019年7月13日 釜無山
(1)トヨグチイノデ、葉身
(2)トヨグチイノデ、羽片

トヨグチイノデ、葉柄の鱗片。2019年7月13日 釜無山 トヨグチイノデ、中軸の鱗片。2019年7月13日 釜無山
(1)トヨグチイノデ、葉柄の鱗片
(2)トヨグチイノデ、中軸の鱗片

トヨグチイノ、胞子嚢群は辺縁寄りにつく。2019年7月13日 釜無山 トヨグチイノ、胞子嚢群は辺縁寄りにつく。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)トヨグチイノデ、胞子嚢群




ウラボシ科 ノキシノブ属''

ナガオノキシノブ
樹林内の石灰岩上に生育。胞子嚢群をつけた株は観察できなかった。

岩壁に生育するナガオノキシノブ。2019年7月13日 釜無山 岩壁に生育するナガオノキシノブ。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)岩壁に生育するナガオノキシノブ





ミヤマノキシノブ

岩壁に生育するミヤマノキシノブ(中央)とイワデンダ。2019年7月13日 釜無山 ミヤマノキシノブ、葉身は艶が無くマットな質感。2019年7月13日 釜無山
(1)岩壁に生育するミヤマノキシノブ
(2)ミヤマノキシノブ、葉身

根茎は長く這い間隔をあけて葉をつける。2019年7月13日 釜無山 
ミヤマノキシノブ、根茎

ミヤマノキシノブ、胞子嚢群をつけた葉の表面。2019年7月13日 釜無山 ミヤマノキシノブ、胞子嚢群。2019年7月13日 釜無山
(1)ミヤマノキシノブ、胞子嚢群をつけた葉の表面
(2)ミヤマノキシノブ、胞子嚢群




ウラボシ科 エゾデンダ属''

オシャグジデンダ
冬緑性。1400~1500m、いくつかの岩壁で観察。ちょうどこの季節、葉が枯れる時期であった。葉の大きさは10~20㎝。

岩壁に生育するオシャグジデンダ。2019年7月13日 釜無山 垂直の岩壁の途中に生育するオシャグジデンダ。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)岩壁に生育するオシャグジデンダ

オシャグジデンダ、葉の裏側。2019年7月13日 釜無山
オシャグジデンダ、葉の裏側





エゾデンダかオシャグジデンダ
およそ標高1800m。樹林帯斜面に留まる大きな角張った転石の切り立った側面に20株程度間隔をあけて群生。岩上にはオシダやシラネワラビなどいろいろなシダが生育していた(岩上なので鹿の食害を免れているのであろうか)。葉は1枚も枯れておらず常緑性か。撮影時17時を過ぎていたので、裏面の毛の有無を確認できなかった。オシャグジデンダの可能性もあり、できればもう一度確認してみたい。
エゾデンダか。2019年7月13日 釜無山 エゾデンダか、樹林内の巨岩の側面に生育。2019年7月13日 釜無山
(1)樹林内の巨岩の側面に生育するエゾデンダかオシャグジデンダ
(2)エゾデンダかオシャグジデンダが生育する巨岩

エゾデンダか、羽片裏側。2019年7月13日 釜無山
エゾデンダかオシャグジデンダ、羽片裏側




そのほかの植物

バイカウツギ          ベニバナイチヤクソウ
他の石灰岩地帯でもよく見かけるバイカウツギ。2019年7月13日 釜無山 ベニバナイチヤクソウ。2019年7月13日 釜無山
(1)バイカウツギ
(2)ベニバナイチヤクソウ

キバナウツギか          ニシキウツギか
キバナウツギか。2019年7月13日 釜無山 ニシキウツギか。石灰岩上に生育。2019年7月13日 釜無山
(1)キバナウツギか
(2)ニシキウツギか

タカネバラ
タカネバラ、石灰岩上に生育。2019年7月13日 釜無山 タカネバラの実。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)タカネバラ

クリンソウ
釜無川支流渓谷沿いに生育するクリンソウ。2019年7月13日 釜無川支流渓谷 クリンソウ。2019年7月13日 釜無川支流渓谷
(1)(2)クリンソウ

トガスグリ
釜無山上部林縁のブッシュに生育するトガスグリ。2019年7月13日 釜無山 トガスグリの実。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)トガスグリ
※標高1,500m~1600mの釜無川支流渓谷沿いではスグリ(日本固有種)も観察された。

ヤハズハハコ
ヤハズハハコ。石灰岩上に生育。2019年7月13日 釜無山 ヤハズハハコ、葉の基部は次第に細くなり、茎に沿って狭く翼状に流れる。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)ヤハズハハコ

シロバナヘビイチゴ
陽当たりのよいよい砂礫地に群生するシロバナヘビイチゴ。2019年7月13日 釜無山 シロバナヘビイチゴの実。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)シロバナヘビイチゴ

ホソバキリンソウか
石灰岩上に生育するホソバキリンソウか。2019年7月13日 釜無山 ホソバキリンソウか。2019年7月13日 釜無山
(1)(2)ホソバキリンソウか

ミネウスユキソウ
石灰岩上に生育するミネウスユキソウ。左はホソバキリンソウか2019年7月13日 釜無山 
ミネウスユキソウ

テガタチドリとタチヒメワラビ。2019年7月13日 釜無山 石灰岩の残土の上に咲くルリニワセキショウ。2019年7月13日 釜無山
(1)テガタチドリとタチヒメワラビ 
(2)石灰岩の残土の上に咲くルリニワセキショウ

ホソバミズゴケか。2019年7月13日 釜無山 クロームイエローのニカワタケか。2019年7月13日 釜無山
(1)ホソバミズゴケか
(2)クロームイエローのニカワタケか

製作中