イワシロイノデ

オシダ科 イノデ属 Polystichum ovato-paleaceum var.coraiense 

イワシロイノデ 2013年7月13日 大楢峠
生育していた環境:スギ・ヒノキ林林床および雑木林で渓谷沿い~山地林内で見られる。ツヤナシイノデと同様のところで見られることもあるが、それよりも標高の高いところで見られる。
観察された特徴:常緑性。葉の大きさは70~90cm、ツヤナシイノデよりも大きな個体が目立つ。葉は白緑色~黄緑色で弱いツヤがある。葉の色艶はツヤナシイノデに似ているが、葉柄・中軸の鱗片は広被針形~被針形でツヤナシイノデよりも細長い。葉柄下部ではツヤナシイノデのように幅の広い鱗片が目立つことはない。中軸の鱗片は軸に対し上側を向いたり横側・下側を向く場合もある。胞子のう群は葉身の上側から・羽片の外側からつき始める。
生育確認数:2地点、5株。海沢、大楢峠
イワシロイノデ 2013年7月13日 大楢峠
イワシロイノデ

イワシロイノデ、葉柄下部鱗片 2012年12月27日 大楢峠 イワシロイノデ、葉柄下部鱗片 2012年12月27日 大楢峠 イワシロイノデ、葉柄下部鱗片 2013年7月13日 大楢峠
イワシロイノデ(上上)
イワシロイノデ、葉柄下部鱗片(上左、上中、上右)
イワシロイノデ、中軸鱗片(下左、下右)
イワシロイノデ、羽片(下下左)
イワシロイノデ、胞子のう群(下下右)
イワシロイノデ、中軸鱗片 2012年12月27日 大楢峠 イワシロイノデ、中軸鱗片 2013年7月13日 大楢峠

イワシロイノデ、羽片 2012年12月27日 大楢峠 イワシロイノデ、胞子のう群 2012年12月27日 大楢峠