カタヒバ

イワヒバ科 イワヒバ属 Selaginella involvens  

カタヒバ 2013年3月29日 上養沢
生育している環境:ウエットな谷の垂直~傾斜のきつい岩壁の日かげの面に群生。
観察された特徴:常緑性。辺縁に細鋸歯を持つうろこ状の腹葉と背葉から成り立つ葉状体。葉状体の大きさは15~30㎝、岩壁から垂れ下がるようにして葉をつける。側枝の先端に四角柱状の胞子のう穂をつける。イヌカタヒバと異なる点は、背葉には中軸に沿って2本の溝が入り、ややお椀型に膨らむ。
生育確認数:日陰の大きな岩壁面では普通に見られる。養沢、越沢、海沢。

カタヒバ 2013年3月29日 上養沢 
カタヒバ

カタヒバ、腹葉と背葉 2013年3月29日 上養沢 カタヒバ、背葉には2本の溝があり中央が盛り上がる。2013年3月29日 上養沢
カタヒバ、腹葉と背葉
カタヒバ、腹葉と背葉





標本2
カタヒバ 2012年8月16日 白丸
カタヒバ

カタヒバはイヌカタヒバにくらべ背葉が盛り上がっている。2012年8月16日 白丸 カタヒバ、葉先に四角柱状の胞子のう穂をつける。2012年8月16日 白丸
カタヒバ、腹葉と背葉(上左)
カタヒバ、胞子のう穂(上右)

カタヒバ、背葉の表面には溝があり中肋ニ沿って盛り上がる。2012年8月16日 白丸 カタヒバ、腹葉裏面には中肋に沿って2本の溝が見られる。2012年8月16日 白丸
カタヒバ、背葉(上左)
カタヒバ、腹葉裏面(上右)