トヨグチイノデ

オシダ科 イノデ属 Polystichum ohmurae

トヨグチイノデ。2017年8月24日 白丸 多摩川南岸

生育している環境:スギ・ヒノキの植林地と緑広葉樹林の境界地に生育。林縁で1株観察した。    
観察された特徴:葉柄は短く3~5㎝、葉柄には広披針形の鱗片と卵形の大きな鱗片が混ざる。中軸には広披針形の褐色~暗褐色の鱗片をつける。葉の大きさは葉柄を含め20㎝程度、葉身は中間が最も広く先端と基部に向けて短縮する。小羽片の両面には長い毛が生え辺縁の鋸歯は小羽片の大きさの割に大きく目立つ。胞子嚢群は葉身の上部につけていた。この時期に冬芽はもう大きく発達していた。

トヨグチイノデ、葉柄の鱗片。2017年8月24日 白丸 多摩川南岸 トヨグチイノデ、葉柄の鱗片(枯れた葉柄)2017年8月24日 白丸 多摩川南岸 
(1),(2)トヨグチイノデ、葉柄の鱗片

トヨグチイノデ、中軸の鱗片は褐色~暗褐色。2017年8月24日 白丸 多摩川南岸 トヨグチイノデ、中軸の鱗片は褐色~暗褐色。2017年8月24日 白丸 多摩川南岸 
(1),(2)トヨグチイノデ、中軸の鱗片

トヨグチイノデ、葉身中上部。2017年8月24日 白丸 多摩川南岸 トヨグチイノデ、葉身下部。2017年8月24日 白丸 多摩川南岸
(1)トヨグチイノデ、葉身中上部 
(2)トヨグチイノデ、葉身下部

トヨグチイノデ、胞子嚢群は葉身上部についていた。2017年8月24日 白丸 多摩川南岸 トヨグチイノデ、胞子嚢群。2017年8月24日 白丸 多摩川南岸
(1),(2)トヨグチイノデ、胞子嚢群

トヨグチイノデ、羽片。2017年8月24日 白丸 多摩川南岸 トヨグチイノデ、冬芽。2017年8月24日 白丸 多摩川南岸
(1)トヨグチイノデ、羽片
(2)トヨグチイノデ、冬芽