ナガバイタチシダ

オシダ科 オシダ属 Dryopteris sparsa 

ナガバイタチシダ 2012年12月28日 大楢峠
生育していた環境:渓谷からややはなれたスギ林内で観察。    
観察された特徴:常緑性。葉柄の鱗片は淡褐色。観察された個体の葉の大きさは30~50㎝とやや小さく胞子を付けていない未成株、葉の色は暗緑色。羽片の柄は長く1cm以上有り、最下羽片下側第1小羽片は特に発達する。葉柄や中軸の向軸側は凹み、中軸の凹は羽軸につながる。未成株のため胞子のう群は確認できていない。
生育確認数:1地点、3株
ナガバイタチシダ、若葉。 2013年7月13日 大楢峠
ナガバイタチシダ、若葉(上)
ナガバイタチシダ、最下羽片下側第1小羽片(下左)
ナガバイタチシダ、羽片の柄(下右)
ナガバイタチシダ、最下羽片下側第1小羽片は発達する。2013年7月13日 大楢峠 ナガバイタチシダ、葉柄や中軸の向軸側は凹み、中軸の凹は羽軸につながる。2013年7月13日 大楢峠