キンモウワラビ Hypodematium crenatum subsp. fauriei 

キンモウワラビ科 キンモウワラビ属

キンモウワラビ。2018年9月16日 奥多摩 日原

生育している環境:石灰岩上や石灰岩を含む岩石あるいはその周辺のセメントを使った石垣などに生育する。

観察された特徴:葉の大きさは25~80㎝。最下羽片後側(下側)の小羽片が発達し、五角形状。根茎基部には黄褐色~赤褐色の特徴的な長い鱗片を密生させる(古くなると黒褐色になる)。胞子嚢群は中肋寄りにつき、包膜には長い毛が生える。

石灰岩を含む堆積岩(砂岩)の割れ目に生育するキンモウワラビ。2018年9月16日 奥多摩 日原 
岩壁に生育するキンモウワラビ

キンモウワラビ、葉柄基部には黒褐色~明赤褐色(新しい鱗片)の鱗片を密につける。2018年9月16日 奥多摩 日原 キンモウワラビ。2018年9月16日 奥多摩 日原
(1)(2)キンモウワラビ、葉柄基部の鱗片

キンモウワラビ、胞子嚢群は中肋よりにつく。2018年9月16日 奥多摩 日原 キンモウワラビ、包膜には長い毛がある。2018年9月16日 奥多摩 日原
(1)キンモウワラビ、胞子嚢群
(2)キンモウワラビ、包膜