ミヤマウラジロ Cheilanthes brandtii 

イノモトソウ科 エビガラシダ属

細身のミヤマウラジロ。2018年7月16日 奥多摩 日原

生育している環境:石灰岩岩上や石灰岩を含む堆積岩の岩壁などに生育する。

観察された特徴:夏緑性。葉の大きさは25~45㎝、長卵形~披針形。3回羽状深裂~中裂、葉の質は薄い。葉柄はエンジ色~黒褐色で細く硬く光沢がある。葉の裏側には白粉がつくがあまりつかないものも見られる。葉の辺縁は内曲し胞子嚢群を包む。

ミヤマウラジロ。2018年7月16日 奥多摩 日原
ミヤマウラジロ

ミヤマウラジロ、羽片裏側。2018年7月16日 奥多摩 日原 ミヤマウラジロ、葉の端が内曲し胞子嚢群を包む。2018年7月16日 奥多摩 日原
(1)ミヤマウラジロ、羽片裏側
(2)ミヤマウラジロ、包膜