ハコネシケチシダ

メシダ科 シケチシダ属 Cornopteris christenseniana 

上部を樹冠に覆われた薄暗い林床に生育するハコネシケチシダ。2014年9月21日   
生育していた環境:夏緑広葉樹林内、上部を樹冠に覆われた沢沿いの林床。
観察された特徴:夏緑性。葉柄下部には淡褐色・膜質の鱗片をつける。観察された個体の葉の大きさは50~60cm、広卵形~三角形で3回羽状に分かれ、裂片は全縁。中軸や羽軸、葉の裏側は有毛。羽軸が中軸に接するところには明瞭な肉芽がある。胞子のう群は楕円形。包膜はない。
生育確認数:2地点。栃寄沢。

小羽片は無柄、裂片は全縁。2014年9月21日 葉柄下部には淡褐色膜質の鱗片をつける。2014年9月21日
ハコネシケチシダ、小羽片(上左)
ハコネシケチシダ、葉柄下部(上右)

中軸や羽軸は有毛。葉の裏にも毛が目立つ。2014年9月21日 胞子のう群は楕円形。中間につく。2014年9月21日
ハコネシケチシダ、胞子のう群(上左)
ハコネシケチシダ、胞子のう群(上右)