キヨスミヒメワラビ

オシダ科 カツモウイノデ属 Ctenitis maximowicziana

キヨスミヒメワラビ 2010年11月11日大雄山最乗寺
生育環境:スギ林内斜面林床やウエットな渓谷沿いの斜面や岩場に1株ずつ点在、あるいはまとまって生育。
特  徴:常緑性。観察された個体の葉身の大きさは45~70cm、葉の表面には艶がない。葉柄・中軸には先端が褐色の白い鱗片が密生する。
生育確認数:2地点、8株。小田原いこいの森、大雄山最乗寺。
キヨスミヒメワラビ、葉柄の鱗片 2010年11月11日大雄山最乗寺 キヨスミヒメワラビ、胞子のう群 2010年11月11日大雄山最乗寺
キヨスミヒメワラビ、葉柄の鱗片(左上)
キヨスミヒメワラビ、羽片(右上)