オキノクリハラン属の仲間

イワヒトデ・オオイワヒトデ
渓谷沿いの岩上で観察されたイワヒトデ。2021年3月-4月 屋久島 ウエットな海岸林や人家のそばの林内を流れる川のそばで見られたオオイワヒトデ。葉の大きさは80㎝。2021年3月-4月 屋久島
(1)渓谷沿いの岩上で観察されたイワヒトデ
(2)ウエットな海岸林や人家のそばの林内を流れる川のそばで見られたオオイワヒトデ





タイワンクリハラン
ウエットな空気に包まれた谷の中の岩上やしぶきがかかる流れのそばの岩上に生育。
流れのわきの岩上に生育するタイワンクリハラン。2021年3月-4月 屋久島
流れのわきの岩上に生育するタイワンクリハラン

ウエットな空気に包まれた渓谷内の岩上に生育するタイワンクリハラン。2021年3月-4月 屋久島 ウエットな空気に包まれた渓谷内の岩上に生育するタイワンクリハラン。2021年3月-4月 屋久島
(1)(2)ウエットな空気に包まれた渓谷内の岩上に生育するタイワンクリハラン

タイワンクリハラン。2021年3月-4月 屋久島 タイワンクリハラン、葉身。2021年3月-4月 屋久島
ウエットな空気に包まれた渓谷内の岩上に生育するタイワンクリハラン
(1)(2)タイワンクリハラン、葉身

タイワンクリハラン、胞子嚢群。2021年3月-4月 屋久島 タイワンクリハラン、胞子嚢群。2021年3月-4月 屋久島
ウエットな空気に包まれた渓谷内の岩上に生育するタイワンクリハラン
(1)(2)タイワンクリハラン、胞子嚢群





シンテンウラボシ(オオイワヒトデ×ヤリノホクリハラン)
ウエットな海岸林に群生する。個体数は多い。周辺には親種のオオイワヒトデとヤリノホクリハランが生育する。
ウエットな海岸林林床に群生するシンテンウラボシ(オオイワヒトデ×ヤリノホクリハラン)2021年3月-4月 屋久島
ウエットな海岸林林床に群生するシンテンウラボシ(オオイワヒトデ×ヤリノホクリハラン)

シンテンウラボシ(オオイワヒトデ×ヤリノホクリハラン)胞子嚢群。2021年3月-4月 屋久島 シンテンウラボシ(オオイワヒトデ×ヤリノホクリハラン)胞子嚢群。2021年3月-4月 屋久島
(1)(2)シンテンウラボシ(オオイワヒトデ×ヤリノホクリハラン)胞子嚢群





ヤリノホクリハランの仲間の雑種か。あるいはシンテンウラボシの単葉型か
人家の周辺のスギ植林地、ウエットな林床に生育。ヤリノホクリハランに似るが、胞子葉の表面は平坦でヤリノホクリハランのように洗濯板上の隆起した筋が見られない。また、胞子葉の先は鈍頭。この人家近くの森の林床ではシンテンウラボシのように裂片を横に張り出すような個体は確認できなかった。※以前(2017年3月)の写真を使用しています。

ヤリノホクリハラン似のシダ。手で持っている葉は胞子葉。胞子葉の表面はほとんど平滑。2021年3月-4月 屋久島
人家の周辺のウエットなスギ植林地に生育するヤリノホクリハラン似のシダ

ヤリノホクリハラン似のシダ。手で持っている葉は胞子葉。2021年3月-4月 屋久島
(1)ヤリノホクリハラン似のシダ、手で持っている葉は胞子葉
(2)ヤリノホクリハラン似のシダ、胞子嚢群

ヤリノホクリハラン似のシダ、胞子嚢群。2021年3月-4月 屋久島 ヤリノホクリハラン似のシダ、胞子嚢群。2021年3月-4月 屋久島
(1)(2)ヤリノホクリハラン似のシダ、胞子嚢群





海岸林のウエットな林床に生育するヤリノホクリハラン
海岸林のウエットな林床に生育するヤリノホクリハラン。胞子嚢をつけた葉の形は鏃(やじり)形。

標本1 
海岸林のウエットな林床に生育するヤリノホクリハラン。2021年3月-4月 屋久島
海岸林のウエットな林床に生育するヤリノホクリハラン

海岸林のウエットな林床に生育するヤリノホクリハラン、胞子嚢群。2021年3月-4月 屋久島
海岸林のウエットな林床に生育するヤリノホクリハラン、胞子嚢群



標本2 海岸林のウエットな林床
海岸林のウエットな林床に生育するヤリノホクリハラン。2021年3月-4月 屋久島
海岸林のウエットな林床に生育するヤリノホクリハラン

海岸林のウエットな林床に生育するヤリノホクリハラン、胞子嚢群。2021年3月-4月 屋久島
海岸林のウエットな林床に生育するヤリノホクリハラン、胞子嚢群





内陸の低山ウエットな渓谷に生育するヤリノホクリハランの仲間
内陸の低山ウエットな渓谷に生育するヤリノホクリハラン。胞子嚢をつけた葉の形は細長い紡錘形。ヤリノホクリハランの環境による変異の範囲に入るのかもしれない。
※胞子を観察し有性生殖種であることが確認されたので「ヤリノホクリハランの仲間」からヤリノホクリハランに訂正する。

標本1 
内陸の低山ウエットな渓谷に生育するヤリノホクリハラン<del>の仲間</del>。2021年3月-4月 屋久島
内陸の低山ウエットな渓谷に生育するヤリノホクリハランの仲間

流れのそばの岩上に生育するヤリノホクリハラン<del>の仲間</del>。2021年3月-4月 屋久島
流れのそばの岩上に生育するヤリノホクリハランの仲間

ヤリノホクリハラン、胞子数は60個程度確認。胞子の大きさ・形は整い有性生殖種と考えられる。2021年3月-4月 屋久島 ヤリノホクリハラン、胞子数は50個程度確認。胞子の大きさ・形は整い有性生殖種と考えられる。2021年3月-4月 屋久島
(1)(2)ヤリノホクリハランの仲間、一つの胞子嚢を壊したようす

ヤリノホクリハラン、胞子1上面。2021年3月-4月 屋久島 ヤリノホクリハラン、胞子1側面。2021年3月-4月 屋久島 ヤリノホクリハラン、胞子2上面。2021年3月-4月 屋久島 ヤリノホクリハラン、胞子2側面。2021年3月-4月 屋久島
(1)ヤリノホクリハランの仲間、胞子1上面
(2)ヤリノホクリハランの仲間、胞子1側面
(3)ヤリノホクリハランの仲間、胞子2上面
(4)ヤリノホクリハランの仲間、胞子2側面



標本2 標本1の近くの小さな砂防ダムの擁壁面に群生 
内陸の低山ウエットな渓谷に生育するヤリノホクリハラン<del>の仲間</del>。2021年3月-4月 屋久島
内陸の低山ウエットな渓谷に生育するヤリノホクリハランの仲間

流れのそばの岩上に生育するヤリノホクリハラン<del>の仲間</del>、胞子をつけた葉。2021年3月-4月 屋久島
流れのそばの岩上に生育するヤリノホクリハランの仲間、胞子をつけた葉



標本3 落ノ川の深い谷底、流れのそばの岩上に生育 ※以前(2017年3月)の写真を使用しています。

深く落ち込んだ谷底、流れのそばの岩上に生育するヤリノホクリハラン<del>の仲間</del>。2021年3月-4月 屋久島
深く落ち込んだ谷底、流れのそばの岩上に生育するヤリノホクリハランの仲間

ヤリノホクリハラン<del>の仲間</del>、胞子葉。2021年3月-4月 屋久島 ヤリノホクリハラン<del>の仲間</del>、胞子嚢群。2021年3月-4月 屋久島
(1)深く落ち込んだ谷底、流れのそばの岩上に生育するヤリノホクリハランの仲間、胞子葉
(2)深く落ち込んだ谷底、流れのそばの岩上に生育するヤリノホクリハランの仲間、胞子嚢群





内陸の低山ウエットな谷に岩上に生育するオキノクリハラン属の不明な仲間
オキノクリハラン属の不明な仲間。2021年3月-4月 屋久島
オキノクリハラン属の不明な仲間

オキノクリハラン属の不明な仲間、葉身。2021年3月-4月 屋久島 オキノクリハラン属の不明な仲間、葉身。2021年3月-4月 屋久島
(1)(2)オキノクリハラン属の不明な仲間、葉身

オキノクリハラン属の不明な仲間、葉身裏側。2021年3月-4月 屋久島 オキノクリハラン属の不明な仲間、葉身裏側。2021年3月-4月 屋久島
(1)(2)オキノクリハラン属の不明な仲間、葉身裏側

オキノクリハラン属の不明な仲間、胞子をつけた葉。2021年3月-4月 屋久島 オキノクリハラン属の不明な仲間、胞子嚢群。2021年3月-4月 屋久島
(1)(2)オキノクリハラン属の不明な仲間、胞子嚢群





オオバヤリノホラン
名前が適切かどうかわからないがここではオオバヤリノホランとする。雑種と思われる。片親はオオイワヒトデと思われるがもう片親はわからない。海岸林内、そばに水が流れるようなウエットな林床(10×5m)に生育。単葉、紡錘形で、横に羽片が出るような個体は見られない。葉身は20~40㎝・葉柄葉柄20~40㎝と変化がある。葉身基部が左右非対称な個体や葉身の先が2叉する個体など雑種を疑わせる。そばにオオイワヒトデ似の葉がよく見られる。次回訪れる機会があれば地下茎のつながりなどを調べてみたい。
ヤリノホクリハランの胞子葉とオオバヤリノホランの胞子葉。2021年3月-4月 屋久島
ヤリノホクリハランの胞子葉とオオバヤリノホランの胞子葉 ※以前(2017年3月)の写真を使用しています。




戻る