カナワラビの仲間

ヤクカナワラビ
オオカナワラビに似ているが、小羽片の切れ込みは深い。最下羽片後側第1小羽片が全く発達していない小さな個体でも胞子をつけている。葉は濃緑色で普通光沢があるが光沢のないものも見られる。包膜は全縁と言われているが、今回は観察できなかった。低山~中腹林内の岩場ではよく目にする。

川沿いの林内岩壁に生育するヤクカナワラビ。2021年3月-4月 屋久島
川沿いの林内岩壁に生育するヤクカナワラビ

ヤクカナワラビ、羽片裏側。2021年3月-4月 屋久島
ヤクカナワラビ、羽片裏側

標本2
川沿いの林内斜面に生育するヤクカナワラビ。2021年3月-4月 屋久島 ヤクカナワラビ、羽片裏側。2021年3月-4月 屋久島
(1)川沿いの林内斜面に生育するヤクカナワラビ
(2)ヤクカナワラビ、羽片裏側

標本3 標本4
胞子をつける最下羽片後側第1小羽片がないヤクカナワラビ。2021年3月-4月 屋久島 白緑色・光沢のない葉のヤクカナワラビ。2021年3月-4月 屋久島
(1)胞子をつける最下羽片後側第1小羽片がないヤクカナワラビ
(2)光沢のないヤクカナワラビ





ヤクシマカナワラビ
中腹部、常緑樹に覆われたあまりウエットではない稜線斜面に点在して生育。
ヤクシマカナワラビ。2021年3月-4月 屋久島
ヤクシマカナワラビ

常緑樹に覆われたあまりウエットではない稜線斜面に点在して生育するヤクシマカナワラビ。2021年3月-4月 屋久島 常緑樹に覆われたあまりウエットではない稜線斜面に点在して生育するヤクシマカナワラビ。2021年3月-4月 屋久島
(1)(2)稜線斜面の常緑樹林下に点在して生育するヤクシマカナワラビ

ヤクシマカナワラビの新芽、葉柄下部の鱗片。2021年3月-4月 屋久島 ヤクシマカナワラビ、葉身裏側。2021年3月-4月 屋久島
(1)ヤクシマカナワラビの新芽、葉柄下部の鱗片
(2)ヤクシマカナワラビ、葉身裏側

ヤクシマカナワラビ、胞子嚢群。2021年3月-4月 屋久島 ヤクシマカナワラビ、胞子嚢群。2021年3月-4月 屋久島
(1)(2)ヤクシマカナワラビ、胞子嚢群





ホソコバカナワラビ
コバノカナワラビとホソバカナワラビの雑種と推定される。
人家のすぐ裏側の谷沿いの森、周辺にはコバノカナワラビ、ホソバカナワラビが生育している。最下羽片後側第1小羽片が発達した全体にぼってりとしたコバノカナワラビ似のシダが生育。やや間隔を空けて葉をつけていたので、根茎を調べてみると予想通り長く這っていた。コバノカナワラビの根茎は塊状であるがホソバカナワラビの血が入るため長く這う。
人家のすぐ裏側の谷沿いの森に間隔を空けて葉をつけるホソコバカナワラビ。2021年3月-4月 屋久島
人家のすぐ裏側の谷沿いの森に生育するホソコバカナワラビ

ホソコバカナワラビ、葉身。2021年3月-4月 屋久島
ホソコバカナワラビ、葉身

ホソコバカナワラビ、葉身。2021年3月-4月 屋久島 ホソコバカナワラビ、葉身。2021年3月-4月 屋久島
(1)(2)ホソコバカナワラビ、葉身

ホソコバカナワラビ、根茎は長く這う。2021年3月-4月 屋久島 ホソコバカナワラビ、根茎は長く這う。2021年3月-4月 屋久島
(1)(2)長く這うホソコバカナワラビの根茎





テンリュウカナモドキかあるいは別種か
樹林内、ウエットな空気に包まれた谷沿いの岩上に生育。同行のhybrid(ハイブリッド)に詳しい方からヤクカナワラビとの雑種の可能性も考えられるとのご意見を頂きました。
テンリュウカナモドキかあるいは別種か。2021年3月-4月 屋久島
テンリュウカナモドキかあるいは別種か

テンリュウカナモドキかあるいは別種か、葉身。2021年3月-4月 屋久島 テンリュウカナモドキかあるいは別種か、胞子嚢群。2021年3月-4月 屋久島
(1)テンリュウカナモドキかあるいは別種か、葉身
(2)テンリュウカナモドキかあるいは別種か、胞子嚢群




戻る