アイノコクマワラビ(クマワラビ×オクマワラビ) Dryopteris x mituii

オシダ科 オシダ属

スギ・ヒノキ林林床に生育するアイノコクマワラビ。2020年11月25日 裾野市 須山周辺  

生育している環境:スギ・ヒノキ林林床に生育。周辺にはクマワラビ、オクマワラビが生育している。

観察された特徴:クマワラビとオクマワラビの雑種と推定される。葉柄の鱗片は黒褐色。葉の大きさは60~80㎝、葉の裏側はクマワラビに似て白い。葉身下部はほとんど短縮しない。葉身上部の胞子をつけた部分はやや短縮するが早く枯れることはない。小羽片はクマワラビに似て大きく、広披針形、脈に沿って窪み、先は鋭頭。

アイノコクマワラビ、葉柄の鱗片。2020年11月25日 裾野市 須山周辺
アイノコクマワラビ、葉柄の鱗片

アイノコクマワラビ、葉身上部胞子をつけた部分はやや短縮する。枯れない。2020年11月25日 裾野市 須山周辺 アイノコクマワラビ、葉身下部。2020年11月25日 裾野市 須山周辺
(1)アイノコクマワラビ、葉身上部
(2)アイノコクマワラビ、葉身下部

アイノコクマワラビ、葉身下部羽片は大き3~4㎝程度。2020年11月25日 裾野市 須山周辺 アイノコクマワラビ、羽片方面は窪む。2020年11月25日 裾野市 須山周辺
(1)(2)アイノコクマワラビ、葉身下部羽片

アイノコクマワラビ、葉身裏側は白い。2020年11月25日 裾野市 須山周辺
アイノコクマワラビ、葉身裏側



戻る