ハタジュクイノデ(イノデモドキ×アイアスカイノデ)
Polystichum x hatajukuense

オシダ科 イノデ属

標本1
アイアスカイノデ似のハタジュクイノデ。2020年10月31日 御殿場

生育している環境:スギ・ヒノキ林林内に生育する。

観察された特徴:イノデモドキとアイアスカイノデの雑種と推定される。どちらかというとアイアスカイノデ似のハタジュクイノデ。よく成長した株は1mに達する。葉柄はやや長く葉身の1/2~1/3で、大きな葉では30㎝程度。葉柄の鱗片は卵状披針形~広披針形で辺縁は細かくほつれ、中央には栗色がよく入る。葉は80~100㎝、色は濃緑色、葉は線形で葉身の先はそれほど尾状に伸びない。中軸の鱗片は披針形で辺縁は細かくほつれる。葉身下部の羽片には一部未発達な小羽片がつくことかある。また下部羽片では胞子嚢群が小羽片の耳垂に沿って1~2個ずつつくことがある。胞子嚢群は辺縁寄りにつき、胞子嚢は弾けず残存する。

ハタジュクイノデ。2020年10月31日 御殿場
ハタジュクイノデ

ハタジュクイノデ、表側。2020年10月31日 御殿場 ハタジュクイノデ、裏側。2020年10月31日 御殿場
(1)ハタジュクイノデ、表側
(2)ハタジュクイノデ、裏側

ハタジュクイノデ、葉柄。2020年10月31日 御殿場
ハタジュクイノデ、葉柄

ハタジュクイノデ、葉柄上部の鱗片。2020年10月31日 御殿場 ハタジュクイノデ、葉柄の上部の鱗片。2020年10月31日 御殿場
(1)(2)ハタジュクイノデ、葉柄の上部の鱗片

ハタジュクイノデ、葉柄基部の鱗片。2020年10月31日 御殿場 ハタジュクイノデ、葉柄基部の鱗片。2020年10月31日 御殿場
(1)(2)ハタジュクイノデ、葉柄基部の鱗片

ハタジュクイノデ、葉柄の鱗片拡大。2020年10月31日 御殿場 ハタジュクイノデ、葉柄の鱗片拡大。2020年10月31日 御殿場
(1)(2)ハタジュクイノデ、葉柄の鱗片拡大

ハタジュクイノデ、中軸の鱗片拡大。2020年10月31日 御殿場
ハタジュクイノデ、中軸の鱗片拡大

ハタジュクイノデ、葉身下部の羽片には一部未発達な小羽片がつく。2020年10月31日 御殿場 ハタジュクイノデ、葉身下部の羽片には一部未発達な小羽片がつく。2020年10月31日 御殿場
(1)(2)葉身下部の羽片には一部未発達な小羽片がつくハタジュクイノデ

ハタジュクイノデ下部羽片、胞子嚢群は耳垂に沿って1~2個ずつつく。2020年10月31日 御殿場 ハタジュクイノデ下部羽片、胞子嚢群は耳垂に沿って1~2個ずつつく。2020年10月31日 御殿場
(1)(2)耳垂に沿って胞子嚢群が1~2個ずつつくハタジュクイノデ下部羽片

ハタジュクイノデ、胞子嚢群は辺縁寄りにつく。2020年10月31日 御殿場 ハタジュクイノデ、胞子嚢群は辺縁寄りにつく。2020年10月31日 御殿場
(1)ハタジュクイノデ、胞子嚢群

ハタジュクイノデ、胞子嚢は弾けず残存する。2020年10月31日 御殿場 ハタジュクイノデ、胞子嚢は弾けず残存する。2020年10月31日 御殿場
(1)(2)ハタジュクイノデ、胞子嚢群




標本2
葉柄下部の鱗片には栗色が入り、葉柄~中軸の鱗片には和紙を裂いたような鋸歯がある。個体によっては葉身下部で耳垂に優先して胞子嚢群をつける。
 ハタジュクイノデでは時々見かけられるが、小羽片が虫が食ったように未発達になることがある。これも雑種の株の特徴の一つである。現地では正常な葉のハタジュクイノデも見られた。

小羽片が虫が食ったように未発達になるハタジュクイノデ(イノデモドキ×アイアスカイノデ)。2020年12月26日 御殿場周辺
小羽片が虫が食ったように未発達になるハタジュクイノデ(イノデモドキ×アイアスカイノデ)

スギ・ヒノキ林床に生育するハタジュクイノデ(イノデモドキ×アイアスカイノデ)。2020年12月26日 御殿場周辺 ハタジュクイノデ(イノデモドキ×アイアスカイノデ)葉。2020年12月26日 御殿場周辺
(1)スギ・ヒノキ林床に生育するハタジュクイノデ(イノデモドキ×アイアスカイノデ)
(2)ハタジュクイノデ、葉

ハタジュクイノデ、下部羽片のではイノデモドキに似て小羽片の耳垂に優先して胞子嚢群をつけることがある。2020年12月26日 御殿場周辺
ハタジュクイノデ、下部羽片の胞子嚢群の付き方
※掛け合わさるイノデモドキによっては耳垂に優先してつかないハタジュクイノデもみられる。

ハタジュクイノデ、葉柄基部の鱗片の中央に栗色が縞のように入る。2020年12月26日 御殿場周辺 ハタジュクイノデ、中軸の鱗片の辺縁は和紙を裂いたようにほつれる。2020年12月26日 御殿場周辺
(1)ハタジュクイノデ、葉柄基部の鱗片
(2)ハタジュクイノデ、中軸の鱗片

ハタジュクイノデ、胞子嚢群は辺縁寄りにつき胞子嚢は弾けない。2020年12月26日 御殿場周辺
ハタジュクイノデ、胞子嚢群



戻る