フジオシダ 委縮型(オシダ×オクマワラビ)Dryopteris × watanabei

オシダ科 オシダ属

オシダやクマワラビ・オクマワラビなどが生育する林床に生育するフジオシダ 委縮型。2020年8月29日 御殿場

詳しい方に見ていただきました。頂いたコメントを掲載いたします。2020年11月17日
「各地にこのような萎縮型が見られます。正常な型とは雌雄の組み合わせが違うのかどうか興味はありますが、原因は分かっていないと思います。」

生育している環境:周辺には林床にはオシダやクマワラビ・オクマワラビなどが生育する。
観察された特徴:オシダとオクマワラビの雑種と推定される。葉柄基部にはよく発達した明るい黒褐色の鱗片を密につける。葉は80~90㎝に達する。葉身下部は多少短縮する。葉身の上部では羽片の上部が下向きにうなだれるように垂れさがる傾向がある。胞子嚢群は弾けずに葉に残る。

フジオシダ 委縮型、上部の羽片の先はうねるように垂れる。2020年8月29日 御殿場 フジオシダ 委縮型、上部の羽片の先はうねるように垂れる。2020年8月29日 御殿場
(1)(2)フジオシダ 委縮型、葉身

フジオシダ 委縮型、胞子嚢群。2020年8月29日 御殿場 フジオシダ 委縮型、葉柄下部の鱗片。2020年8月29日 御殿場
(1)フジオシダ 委縮型、胞子嚢群
(2)フジオシダ 委縮型、葉柄下部の鱗片



戻る