フユノハナワラビ(裂片の先が尖る個体)Botrychium ternatum

ハナヤスリ科 ハナワラビ属

フユノハナワラビ、栄養葉。2020年10月31日 御殿場

生育していた環境:畑の一角の果樹の根本に5~6株が生育。ある程度日が差し込む環境。
観察された特徴:栄養葉は3~4回羽状に分かれ、裂片の先端は尖るが辺縁の鋸歯は鋭くない。一般に裂片の先は鈍頭のことが多いが個体変異が大きいように思われる。

フユノハナワラビ、胞子葉。2020年10月31日 御殿場 フユノハナワラビ。2020年10月31日 御殿場
(1)フユノハナワラビ、胞子葉
(2)フユノハナワラビ

フユノハナワラビ(同じ個体 別角度)2020年10月31日 御殿場 フユノハナワラビ、小羽片・裂片。2020年10月31日 御殿場
(1)フユノハナワラビ(同じ個体 別角度)
(2)フユノハナワラビ、小羽片・裂片



戻る