ドウリョウイノデ

オシダ科 イノデ属 Polystichum ×anceps

ドウリョウイノデ 2015年1月3日 三保
生育していた環境:スギ植林地林床に生育。
観察された特:アイアスカイノデとイノデの雑種と推定される。常緑性。葉は70~110㎝。葉柄基部~下部にかけての鱗片はイノデに似て幅が広く、あまりねじれず、先端中央に栗色が入ることがあるが栗色がわずかであったり全く入らないことがある。葉柄上部では卵状披針形で辺縁に鋸歯が見られる鱗片をつける。葉身下部では胞子のう群は辺縁寄りにつく。胞子のう群ははじけずに固まる。
生育確認数:普通に見られる。新治、三保。

鱗片はほとんどねじれず、この個体ではよく見ると葉柄基部の鱗片の先に一部に栗色が見られる。2015年1月3日 三保 ドウリョウイノデ、葉柄上部の鱗片は卵状披針形。2015年1月3日 三保
ドウリョウイノデ、葉柄基部の鱗片(上左)
ドウリョウイノデ、葉柄上部の鱗片(上右)

ドウリョウイノデ、葉身下部では胞子のう群は辺縁寄りにつく。2015年1月3日 三保 ドウリョウイノデ、葉身中~上部では胞子のう群は辺縁寄り~中間につく。2015年1月3日 三保
ドウリョウイノデ、葉身下部につく胞子のう群(上左)
ドウリョウイノデ、葉身上部につく胞子のう群(上右)

ドウリョウイノデ、胞子のう群ははじけずに固まっている。2015年1月3日 三保 ドウリョウイノデ、胞子のう群ははじけずに固まっている。2015年1月3日 三保
ドウリョウイノデ、胞子のう群の拡大(上左、上右)