トウゴクシダ Dryopteris nipponensis

ヌカイタチシダモドキ(あるいはトウゴクシダかもしれない) Dryopteris indusiata

オシダ科 オシダ属

※小羽片が羽軸に対し斜上気味についているのでトウゴクシダに訂正いたします。

トウゴクシダに訂正いたします。2018年1月27日 河津七滝

生育している環境:上部をスギや常緑広葉樹に覆われた山道沿いの崖。6株程度まとまって生育していたが写真の個体が最も大きい。

観察された特徴:観察された個体は未成株。胞子嚢群をつけていなかったので、ヌカイタチシダモドキかトウゴクシダかの判別が難しい。観察された個体の特徴は①羽片は中軸に対して直交して出し羽片の後半は鎌曲する。②葉柄・中軸は一般的なトウゴクシダよりも細い。③葉の質は薄い。今後継続して観察してみたい。

胞子のようす:胞子数は32個程度確認。大きさ・形はほぼ整い、無融合生殖種。2018年10月2日

トウゴクシダに訂正いたします。2018年1月27日 河津七滝
トウゴクシダヌカイタチシダモドキ(あるいはトウゴクシダかもしれない)

最下羽片。2018年1月27日 河津七滝 羽片。2018年1月27日 河津七滝
(1)トウゴクシダヌカイタチシダモドキ(あるいはトウゴクシダかもしれない)、最下羽片
(2)トウゴクシダヌカイタチシダモドキ(あるいはトウゴクシダかもしれない)、羽片

中軸・羽軸小羽軸のようす。2018年1月27日 河津七滝 羽軸・小羽軸には袋状の鱗片が目立つ。2018年1月27日 河津七滝
(1)トウゴクシダヌカイタチシダモドキ(あるいはトウゴクシダかもしれない)、中軸・羽軸・小羽軸
(2)トウゴクシダヌカイタチシダモドキ(あるいはトウゴクシダかもしれない)、羽軸・小羽軸



2018年10月3日胞子を観察しました。
羽片裏側、包膜は円腎形・中央が淡いピンク色を帯びた白色。2018年10月2日 河津七滝産 胞子数は32個程度確認。ほぼ形は整っているが大きさにはややばらつくが見られる。無融合生殖種。2018年10月2日 河津七滝産
(1)羽片裏側
(2)1つの胞子嚢を壊したようす

胞子上面。2018年10月2日 河津七滝産 胞子側面。2018年10月2日 河津七滝産
(1)胞子上面
(2)胞子側面

胞子上面。2018年10月2日 河津七滝産 胞子側面。2018年10月2日 河津七滝産
(1)胞子上面
(2)胞子側面



戻る