ハイホラゴケの仲間(小形。転石を全面覆うように生育するtype)

コケシノブ科 ハイホラゴケ属

転石を全面覆うように生育する小形のハイホラゴケの仲間。2018年4月3日 伊豆 大仁

生育している環境:スギ林内、水の枯れた山の谷部、腐植や落ち葉に覆われながら顔を出す小さな岩上に生育。付近には3~4か所同様な岩に群生。(谷沿いに転がる小さな転石に見えるが大きな岩の一部が顔を出しているのかもしれない)付近には大きな岩壁もいくつかあったがそれらにはほとんど生育を確認でず小さな転石上に群生していることは興味深い。

観察された特徴:直径30~50㎝の岩を全面覆うようにして生育。根茎は黒褐色の毛に覆われる。葉柄の翼はほとんど波を打たないが中軸の翼は波打つ。葉身の大きさは5~7㎝。羽片は大きいもので0.7~1㎝程度で、広卵形~円形で手のひらのような形。胞子嚢群は葉身の中部~上部につき裂片の先につく。包膜の2弁は短く短い筒状に見える。

転石を全面覆うように生育する小形のハイホラゴケの仲間。2018年4月3日 伊豆 大仁
群生する小形のハイホラゴケの仲間

転石上に群生する小形のハイホラゴケの仲間。2018年4月3日 伊豆 大仁 転石上に群生する小形のハイホラゴケの仲間。2018年4月3日 伊豆 大仁
(1),(2)谷沿いの半分地中に埋もれた転石を覆うようにして生育する小形のハイホラゴケの仲間

小形のハイホラゴケの仲間、根茎には黒褐色の毛が密生する。2018年4月3日 伊豆 大仁
小形のハイホラゴケの仲間、根茎

小形のハイホラゴケの仲間、葉柄の翼はほとんど波を打たない。2018年4月3日 伊豆 大仁 小形のハイホラゴケの仲間、中軸の翼は波打つ。2018年4月3日 伊豆 大仁
(1)小形のハイホラゴケの仲間、葉柄
(2)小形のハイホラゴケの仲間、中軸

小形のハイホラゴケの仲間、葉身の長さは5~7㎝。2018年4月3日 伊豆 大仁 小形のハイホラゴケの仲間、葉身の長さは5~7㎝。2018年4月3日 伊豆 大仁
(1),(2)小形のハイホラゴケの仲間、葉身

小形のハイホラゴケの仲間、羽片は1㎝程度で、広卵形~円形で手のひらのような形。2018年4月3日 伊豆 大仁 小形のハイホラゴケの仲間、羽片は1㎝程度で、広卵形~円形で手のひらのような形。2018年4月3日 伊豆 大仁
(1),(2)小形のハイホラゴケの仲間、羽片

小形のハイホラゴケの仲間、胞子嚢群は葉身の中部~上部につき裂片の先につく。2018年4月3日 伊豆 大仁 小形のハイホラゴケの仲間、胞子嚢群は葉身の中部~上部につき裂片の先につく。2018年4月3日 伊豆 大仁
(1),(2)小形のハイホラゴケの仲間、胞子嚢群

小形のハイホラゴケの仲間、包膜の2弁は短く短い筒状に見える。2018年4月3日 伊豆 大仁 小形のハイホラゴケの仲間、包膜の2弁は短く短い筒状に見える。2018年4月3日 伊豆 大仁
(1),(2)小形のハイホラゴケの仲間、包膜




戻る