サキモリイヌワラビ Athyrium oblitescens

メシダ科 メシダ属

サキモリイヌワラビ。2010年12月26日 与謝野町
 
生育している環境:照葉樹と夏緑広葉樹の混生林内、林床や山道沿いの土手や崖に生育。常緑性。葉の大きさは35~45㎝。葉はやや厚みがありタニイヌワラビに似るが小羽片の先端はそれほど尖らない。基部の小羽片は下先につく。また小羽片の前側(上側)の耳垂はやや発達し中軸に重なることがある。羽軸上小羽片の付け根には顕著な刺がある。胞子嚢群は小羽片の中肋に接するか中肋寄りにつく。春先の新芽は白っぽく中軸や羽軸は紅色。

サキモリイヌワラビ、葉柄基部の鱗片。2010年12月26日 与謝野町
サキモリイヌワラビ、葉柄基部の鱗片

サキモリイヌワラビ、羽片。2010年12月26日 与謝野町 サキモリイヌワラビ、羽片基部小羽片は下先につく。2010年12月26日 与謝野町
(1)サキモリイヌワラビ、羽片
(2)サキモリイヌワラビ、羽片基部

サキモリイヌワラビ、小羽片。2010年12月26日 与謝野町 サキモリイヌワラビ、小羽片基部には顕著な刺がある。2010年12月26日 与謝野町
(1)サキモリイヌワラビ、小羽片
(2)サキモリイヌワラビ、小羽片基部の刺

サキモリイヌワラビ、胞子嚢群。2010年12月26日 与謝野町 サキモリイヌワラビ、胞子嚢群。2010年12月26日 与謝野町
(1)(2)サキモリイヌワラビ、胞子嚢群

サキモリイヌワラビ、若葉は白っぽい。2012年5月1日 与謝野町 サキモリイヌワラビ、若葉は白っぽい。2012年5月1日 与謝野町
(1)(2)サキモリイヌワラビ、若葉

戻る