イヌタマシダ Dryopteris hayatae

オシダ科 オシダ属

イヌタマシダ。三原山
イヌタマシダ

生育している環境:林内のウエットな切り立った崖に生育。
観察された特徴:常緑性。葉の大きさは25~35㎝。2回羽状に分かれる。ナガバノイタチシダに似ているがナガバノイタチシダは3回羽状で小羽片は三角状楕円形で基部が広い楔形、羽軸に対して70~80度程度の角度でつくのに対して、イヌタマシダの小羽片は基部がやや広いバナナ形で基部が狭い楔形・羽軸に対して60度程度の角度でつく。

イヌタマシダ。三原山
イヌタマシダ

イヌタマシダ。三原山 イヌタマシダ。三原山
(1)イヌタマシダ、最下羽片
(2)イヌタマシダ、羽片

イヌタマシダ、胞子嚢群。三原山 
イヌタマシダ、胞子嚢群

イヌタマシダ、包膜。三原山 イヌタマシダ、包膜。三原山
(1),(2)イヌタマシダ、包膜