シケシダあるいはタマシケシダ

メシダ科 シケシダ属

シケシダあるいはタマシケシダ。2015年8月7日 八丈富士

生育している環境:三原山中上部や八丈富士上部で観察。標高の低いところでは観察できなかった。明るい滝のそば、明るい疎林林床など。
観察された特徴:まだ胞子は確認できていない。外観はシケシダに似ている。葉の大きさは40~50㎝、最下羽片は特に発達することは無い。葉の表面にはやや光沢がある。胞子嚢群は中肋寄りにつき、包膜の辺縁は内曲し全縁に見える。包膜上には毛が生えタマシケシダ(フモトシケシダ×シケシダ)の可能性を示している。

シケシダあるいはタマシケシダ、葉身下部。2015年8月7日 八丈富士 シケシダあるいはタマシケシダ、葉身中部。2015年8月7日 八丈富士
(1)シケシダあるいはタマシケシダ、葉身下部
(2)シケシダあるいはタマシケシダ、葉身中部

シケシダあるいはタマシケシダ、羽片。2015年8月7日 八丈富士
シケシダあるいはタマシケシダ、羽片

シケシダあるいはタマシケシダ、胞子嚢群。2015年8月7日 八丈富士 シケシダあるいはタマシケシダ、胞子嚢群2015年8月7日 八丈富士
(1)(2)シケシダあるいはタマシケシダ、胞子嚢群

シケシダあるいはタマシケシダ、包膜の端は内曲し包膜上には毛が生える。2015年8月7日 八丈富士 シケシダあるいはタマシケシダ、包膜の端は内曲し包膜上には毛が生える。2015年8月7日 八丈富士
(1)(2)シケシダあるいはタマシケシダ、包膜



戻る