タニイヌワラビ Athyrium otophorum

メシダ科 メシダ属

タニイヌワラビ。2015年8月8日 三原山

生育している環境:山地上部、スギ林林床。林床には木漏れ日は射さないがブッシュが少ないため風通しのよい林床。

観察された特徴:常緑性。株は立ち上がり葉を叢生する。葉柄は紫褐色~黒褐色で葉柄基部の鱗片は黒褐色。羽軸と小羽軸の分岐には短い刺がある。小羽片は三角状楕円形で先は尖り、前側の基部には耳垂が発達し小羽軸に対し小羽片の幅は前側が広くなる。胞子嚢群は小羽軸寄りにき短い棒状~三日月形、鈎形も混ざる。

タニイヌワラビ、直立する根茎。2015年8月8日 三原山 タニイヌワラビ、葉柄基部の鱗片は黒褐色。2015年8月8日 三原山 タニイヌワラビ、葉柄基部の鱗片は黒褐色。2015年8月8日 三原山
(1)タニイヌワラビ、根茎
(2),(3)タニイヌワラビ、葉柄基部の鱗片

タニイヌワラビ、小羽片前側には明瞭な耳垂がある。2015年8月8日 三原山 タニイヌワラビ、胞子嚢群は棒状や鈎形も混ざる。2015年8月8日 三原山
(1)タニイヌワラビ、羽片
(2)タニイヌワラビ、羽片裏側

タニイヌワラビ、胞子嚢群。2015年8月8日 三原山
タニイヌワラビ、胞子嚢群