ヌリトラノオ Asplenium normale

チャセンシダ科 チャセンシダ属

ヌリトラノオ。2015年8月8日 三原山

生育している環境:山の中~上部、ウエットな林床で上部を樹冠に覆われた薄暗い林床に生育。苔むした岩上、樹幹の下部や切り株などに生育。
観察された特徴:常緑性。葉の大きさは15~25㎝。単羽状。葉の表面には濡れたような光沢がある。羽片は三角状長楕円形で先端は円頭、辺縁には粗い鋸歯がある。胞子嚢群は棒状で耳垂にもつく。葉身の先端に無性芽をつける。

切り株に生育するヌリトラノオ。2015年8月8日 三原山 葉身の先端につくヌリトラノオの無性芽。2015年8月8日 三原山
(1)切り株に生育するヌリトラノオ
(2)葉身の先端につくヌリトラノオの無性芽

ヌリトラノオ。2015年8月8日 三原山 ヌリトラノオ。2015年8月8日 三原山
(1),(2)ヌリトラノオ

ヌリトラノオ、羽片。2015年8月8日 三原山
ヌリトラノオ、羽片

ヌリトラノオ、中軸は向軸側で凹む。2015年8月8日 三原山 ヌリトラノオ、中軸および羽片裏側。2015年8月8日 三原山
(1)ヌリトラノオ、中軸および羽片表側
(2)ヌリトラノオ、中軸および羽片裏側

ヌリトラノオ、胞子嚢群は耳垂にもつく。2015年8月8日 三原山 ヌリトラノオ、胞子嚢群は耳垂にもつく。2015年8月8日 三原山
(1),(2)ヌリトラノオ、胞子嚢群