ヒロハアツイタ Elaphoglossum tosaense

オシダ科 アツイタ属  

ヒロハアツイタ。2015年8月7日 八丈島山地上部

生育している環境:樹幹や岩上には着生性の地衣やラン・シダなどが多く見られる森に生育。

観察された特徴:常緑性。葉柄には明褐色・膜質の鱗片が貼り付くようにつく。アツイタのような光沢が無く中肋も」あまり盛り上がることはない。辺縁は半透明の膜で裏から眺めると光が透けて見える。

生育確認数:1地点、2株。八丈島山地上部。

ヒロハアツイタ、葉柄には明褐色・膜質の鱗片が貼り付くようにつく。2015年8月7日 八丈島山地上部
ヒロハアツイタ、葉柄

ヒロハアツイタ、葉の表面には艶はない。2015年8月7日 八丈島山地上部 ヒロハアツイタ、葉の辺縁は透けて見える。2015年8月7日 八丈島山地上部
(1)ヒロハアツイタ、葉の表面
(2)ヒロハアツイタ、下から見上げたところ

ヒロハアツイタ、葉の裏側。2015年8月7日 八丈島山地上部 ヒロハアツイタ、葉の辺縁。2015年8月7日 八丈島山地上部
(1)ヒロハアツイタ、葉の裏
(2)ヒロハアツイタ、葉の辺縁