マツバラン Psilotum nudum

マツバラン科 マツバラン属

マツバラン。2015年8月7日 八丈富士

生育している環境:八丈富士山麓、タブやヒサカキが茂る照葉樹林内、溶岩がゴツゴツした林床。林の中なので空気中の湿度はある程度あると思われるが地表はドライな環境。
観察された特徴:常緑性。溶岩の岩上や樹幹に生育。植物体には葉は無く分岐した枝のところどころに突起状の葉の痕跡のようなものをつける。胞子嚢群は熟すと黄色くなる。

マツバラン。2015年8月7日 八丈富士 マツバラン。2015年8月7日 八丈富士
(1),(2)マツバラン

マツバラン、側枝に見られる突起。2015年8月7日 八丈富士
マツバラン、側枝に見られる突起

マツバラン、胞子嚢。2015年8月7日 八丈富士 マツバラン、胞子嚢。2015年8月7日 八丈富士
(1),(2)マツバラン、胞子嚢