アイキジノオ

キジノオシダ科 キジノオシダ属 Plagiogyria x wakabae

アイキジノオ。2016年8月5日 和歌山県新宮市

生育している環境:タカサゴキジノオと同様な環境に生育、混生している。
観察された特徴:キジノオシダとタカサゴキジノオの雑種と推定される。葉の大きさはタカサゴキジノオとほぼ同じ。葉身下部では羽片基部上側が中軸に流れるがタカサゴキジノオほどではない。また、葉身の先端はある程度頂羽片が確認できる。中軸の断面は四角形。まだ胞子の形状は確認していない。今後機会を見つけて確認してみたい。
生育確認数:2地点、5株。

アイキジノオ、葉身下部。2016年8月5日 和歌山県新宮市 アイキジノオ、葉身先端。2016年8月5日 和歌山県新宮市
アイキジノオ、最下羽片(上左)
アイキジノオ、葉身下部(上右)



標本2
アイキジノオ。2016年8月5日 和歌山県新宮市
アイキジノオ

アイキジノオ、葉身下部。2016年8月5日 和歌山県新宮市 アイキジノオ、葉身先端。2016年8月5日 和歌山県新宮市
アイキジノオ、葉身下部(上左)
アイキジノオ、葉身下部(上右)

アイキジノオ、葉身先端。2016年8月5日 和歌山県新宮市
アイキジノオ、中軸の断面



戻る