アイコハチジョウシダ

イノモトソウ科 イノモトソウ属 Pteris laurisilvicola 

アイコハチジョウシダ。2016年12月25日 和歌山県新宮市

生育している環境:スギ植林地内、渓谷沿い木漏れ日が射すやや明るい林床に生育。
観察された特徴:常緑性。葉の大きさは30~50㎝、葉身はあまり軸折れせず。葉は黄緑色~鮮緑色。羽片は70~80度の角度でつき、羽片数は4~8対、幅は一定、直線的で先のほうで鎌形に曲がらない。最下羽片の下側には1~2個の小羽片をつける。最下羽片以外は無柄で基部は切形~広い楔形。裂片基部後側の側脈は分岐点より出る。

やや明るい林床に生育するアイコハチジョウシダ。2016年12月25日 和歌山県新宮市
やや明るい林床に生育するアイコハチジョウシダ

やや明るい林床に生育するアイコハチジョウシダ、中軸および羽片。2016年12月25日 和歌山県新宮市 やや明るい林床に生育するアイコハチジョウシダ、中軸および羽片。2016年12月25日 和歌山県新宮市
アイコハチジョウシダ、中軸および羽片(上左、上右)

アイコハチジョウシダ、最下羽片。2016年12月25日 和歌山県新宮市 アイコハチジョウシダ、羽片基部。2016年12月25日 和歌山県新宮市
アイコハチジョウシダ、最下羽片(上左)

アイコハチジョウシダ、裂片基部後側の側脈は分岐点より出る。2016年12月25日 和歌山県新宮市 アイコハチジョウシダ、裂片基部後側の側脈は分岐点より出る。2016年12月25日 和歌山県新宮市
アイコハチジョウシダ、胞子のう群および裂片基部後側の側脈(上左、上右)



戻る