イブキシダ

ヒメシダ科 ヒメシダ属 Thelypteris esquirolii

イブキシダ。2016年8月5日 和歌山県新宮市

生育している環境:渓谷の流れのそば、増水時には水没するところに生育。
観察された特徴:常緑性。葉の大きさは70~100㎝、2回羽状に分かれる。葉身下部の羽片は間隔をあけてつけ最下羽片は痕跡をとどめる程度に退化して耳状。裂片の側脈は単脈で辺縁に達しない。胞子のう群は中間~やや辺縁寄りで包膜は袋状の円腎形。
生育確認数:川沿いの岩場にやや普通に見られる。個体数は多い。和歌山県新宮市。

増水時には水没するところに生育するイブキシダ。2016年12月25日 和歌山県新宮市
渓谷の流れのそばに生育するイブキシダ

最下羽片耳状に退化したイブキシダ。2016年8月5日 和歌山県新宮市 イブキシダ、羽片は深裂し基部は広い楔形。2016年8月5日 和歌山県新宮市
イブキシダ、最下羽片(上左)
イブキシダ、羽片(上右)

イブキシダ、裂片の側脈は辺縁に達しない。2016年8月5日 和歌山県新宮市 イブキシダ、胞子のう群は袋状にふくらむ。2016年8月5日 和歌山県新宮市
イブキシダ、胞子のう群(上左)、(上右)



戻る