イワヒトデ

ウラボシ科 イワヒトデ属 Colysis elliptica

イワヒトデ。2016年8月5日 和歌山県新宮市

生育している環境:渓谷のそばの岩場や谷沿いのウエットな林床に生育。
観察された特徴:常緑性。葉の大きさは30~50㎝、中軸には狭い翼があり頂羽片と3~5対の側羽片は翼でつながる。羽片や頂羽片は楕円状披針形。羽片裏側では中肋以外の葉脈は見えない。胞子のう群は線形で羽軸に30~50度の角度をなしてつく。包膜はない。
生育確認数:1地点、20株。和歌山県新宮市。

流れのそばに生育するイワヒトデ。2016年8月5日 和歌山県新宮市 イワヒトデ、葉の裏側では葉脈はほとんど見えない。2017年8月10日 和歌山県新宮市
(1)流れのそばに生育するイワヒトデ
(2)イワヒトデ、葉の裏側

イワヒトデ、胞子のう群は線形で30~50度の角度でつく。2016年8月5日 和歌山県新宮市 イワヒトデ、胞子のう群。2016年8月5日 和歌山県新宮市
(1),(2)イワヒトデ、胞子のう群



戻る