オオバミヤマノコギリシダ

メシダ科 ノコギリシダ属 Diplazium hayatamae 

オオバミヤマノコギリシダ。2016年12月25日 和歌山県新宮市

生育している環境:スギ植林地内、ウエットな渓谷沿い切り立った岩壁近くに生育。
観察された特徴:常緑性。根茎は短く、葉は直立してやや叢生し長さ1m前後と、大型となる。羽片の羽軸は長く、下部羽片では1.5~3.0㎝、基部は線形~心形、先端は鋭尖頭、形は線形。胞子のう群は線形で緩やかな三日月形で中肋寄りにつく。  
生育確認数:1地点。個体数は多い。

オオバミヤマノコギリシダ、葉身下部。2016年12月25日 和歌山県新宮市 オオバミヤマノコギリシダ、最下羽片。2016年12月25日 和歌山県新宮市
オオバミヤマノコギリシダ、葉身下部(上左)
オオバミヤマノコギリシダ、最下羽片(上右)

オオバミヤマノコギリシダ、最下羽片には長い柄がある。2016年12月25日 和歌山県新宮市 オバミヤマノコギリシダ、胞子のう群は中肋寄りにつく。2016年12月25日 和歌山県新宮市
オオバミヤマノコギリシダ、葉身下部(上左)



戻る