オニコケシノブ

コケシノブ科 コケシノブ属 Hymenophyllum badium 

Ⅼ%,岩壁に群生するオニコケシノブ。2016年8月5日 和歌山県新宮市 

生育している環境:ウエットな渓谷内、切り立った岩壁に垂下して生育したりや苔むした岩上などに立ち上がって生育。
観察された特徴:常緑性。根茎は黒褐色で長く這う。葉柄基部には突起状の短い毛がまばらに生える。葉柄基部を除き下部~中軸全体に明確な翼がある。葉の大きさは8~20㎝。幅は3~8㎝、鮮緑色、卵状披針形。2~3回に分かれる。裂片の辺縁はなめらかで全縁。胞子のう群は羽片の中につき、胞膜は二弁状で唇部は鈍鋸歯縁で深く裂けることもある。  
生育確認数:3地点。個体数は多い。

岩壁に群生するオニコケシノブ。2016年8月5日 和歌山県新宮市 オニコケシノブとコウヤコケシノブ(下)。2016年8月5日 和歌山県新宮市
岩壁に群生するオニコケシノブ(上左)
生育する岩上から立ち上がるように生育するオニコケシノブ(上右)

オニコケシノブ、葉柄基部。2016年8月5日 和歌山県新宮市 オニコケシノブ、葉柄基部。2016年8月5日 和歌山県新宮市
オニコケシノブ、葉柄基部(上左、上右)

 オニコケシノブ、葉柄には短毛および翼がある。2016年8月5日 和歌山県新宮市 オニコケシノブ、葉柄には短毛および翼がある。2016年8月5日 和歌山県新宮市

オニコケシノブ、葉柄(上左、上右)

オニコケシノブ、裂片は全縁。2016年8月5日 和歌山県新宮市 オニコケシノブ、裂片は全縁。2016年8月5日 和歌山県新宮市
オニコケシノブ、裂片(上左、上右)

オニコケシノブ、葉身の中側に胞子のう群をつける。2016年8月5日 和歌山県新宮市 オニコケシノブ、葉身の中側に胞子のう群をつける。2016年8月5日 和歌山県新宮市 
オニコケシノブ、葉身の中側に胞子のう群をつける(上左、上右)

オニコケシノブ、胞子のう群。2016年8月5日 和歌山県新宮市 オニコケシノブ、胞子のう群。2016年12月25日 和歌山県新宮市
オニコケシノブ、胞子のう群(上左、上右)

オニコケシノブ、包膜の端は鈍鋸歯縁。2016年8月5日 和歌山県新宮市 オニコケシノブ、包膜の端は鈍鋸歯縁~深く切れ込む。2016年12月25日 和歌山県新宮市 オニコケシノブ、包膜の端は鈍鋸歯縁~深く切れ込む。2016年12月25日 和歌山県新宮市 
オニコケシノブ、包膜(上左、上中、上右)



戻る