オニヒカゲワラビ

メシダ科 ノコギリシダ属 Diplazium nipponicum 

オニヒカゲワラビ。2016年8月5日 和歌山県新宮市

生育している環境:スギ植林地内、渓谷沿いに生育。
観察された特徴:常緑性(関東では夏緑性)。葉柄下部には辺縁に鋸歯のある黒っぽい鱗片が貼りつくようにしてつく。葉の大きさは100~150㎝、三角状卵形、3回羽状に分かれ小羽片は深裂する。葉の質は草質、淡緑色~鮮緑色で光沢は乏しい。中軸・羽軸・小羽軸には突起状の短毛が密につく。小羽片はほぼ無柄~短柄、基部は広い楔形、先端は尾状に伸びる。裂片の先は鈍頭・辺縁には鋸歯がある。胞子のう群は線形で中肋に接するようにつく。
生育確認数:1地点。個体数は多い。

オニヒカゲワラビ。2016年8月5日 和歌山県新宮市 オニヒカゲワラビ、最下羽片の柄。2016年8月5日 和歌山県新宮市
オニヒカゲワラビ(上左)
オニヒカゲワラビ、最下羽片の柄(上右)

オニヒカゲワラビ。2016年8月5日 和歌山県新宮市 オニヒカゲワラビ。2016年8月5日 和歌山県新宮市
オニヒカゲワラビ、葉柄下部の鱗片(上左、上右)

オニヒカゲワラビ、胞子のう群は線形で裂片の中肋に接するようにつく。2016年8月5日 和歌山県新宮市 オニヒカゲワラビ、羽軸や小羽軸には突起状の短毛が密につく。2016年8月5日 和歌山県新宮市
オニヒカゲワラビ、胞子のう群(上左、上右)



戻る