キノクニベニシダ Dryopteris kinokuniensis

オシダ科 オシダ属

キノクニベニシダ。2017年8月10日 新宮

生育している環境:上部を樹冠に覆われた大きな岩壁の基部に生育。
''観察された特徴:常緑性。葉の大きさは80~90㎝。羽片・小羽片は中軸・羽軸に対して直角に開出してつく。胞子嚢群はやや中軸寄りにつく。包膜が紅色でベニトウゴクシダの可能性も考えられる。

キノクニベニシダ、新芽。2017年8月10日 新宮 キノクニベニシダ、新芽の鱗片は淡褐色で先端は濃色となる。2017年8月10日 新宮
(1)キノクニベニシダ、新芽
(2)キノクニベニシダ、新芽の鱗片

キノクニベニシダ、羽片。2017年8月10日 新宮 キノクニベニシダ、最下羽片。2017年8月10日 新宮
(1)キノクニベニシダ、羽片
(2)キノクニベニシダ、最下羽片

キノクニベニシダ、小羽片。2017年8月10日 新宮 キノクニベニシダ、胞子嚢群。2017年8月10日 新宮
(1)キノクニベニシダ、小羽片
(2)キノクニベニシダ、胞子嚢群



戻る