コウヤコケシノブ

コケシノブ科 コケシノブ属 Hymenophyllum barbatum 

コウヤコケシノブ。2016年8月5日 和歌山県新宮市

生育している環境:山中の岩上や渓谷沿いの明るい岩場などに生育。
観察された特徴:常緑性。根茎は細く葉をまばらにつける。葉柄上部~中軸には翼があり波打つことが多いまた中軸の裏面には褐色の毛が生える。葉の大きさは5~10㎝、黄緑色~暗緑色、葉の形は変化が多く卵形~披針形、2回~3回羽状に分かれる。裂片の辺縁は鋸歯縁、胞子のう群は裂片の先に穂状につき葉身の先にまとまってつくように見える。胞膜は二弁状で唇部は鋭鋸歯縁。
生育確認数:この谷では普通に見られる。

コウヤコケシノブ、葉身の先にまとまってつく胞子のう群。2016年8月5日 和歌山県新宮市 コウヤコケシノブ、胞膜は二弁状で唇部は鋭鋸歯縁。2016年8月5日 和歌山県新宮市 
コウヤコケシノブ、胞子のう群(上左)
コウヤコケシノブ、胞膜(上右)

コウヤコケシノブ、中軸の裏側には褐色の毛が生える。2016年8月5日 和歌山県新宮市 コウヤコケシノブ、中軸には翼があり波打つことが多い。2016年8月5日 和歌山県新宮市 
コウヤコケシノブ、中軸の裏側の毛(上左)
コウヤコケシノブ、中軸の翼(上右) 



標本2 葉の幅が狭いコウヤコケシノブ
葉の幅の狭いコウヤコケシノブ。2016年12月25日 和歌山県新宮市 コウヤコケシノブ、新芽の先端には毛が目立つ。2016年12月25日 和歌山県新宮市
葉の幅の狭いコウヤコケシノブ(上左)
コウヤコケシノブ、新芽の先端(上右)

コウヤコケシノブ、裂片辺縁は鋸歯縁。2016年12月25日 和歌山県新宮市 コウヤコケシノブ、胞膜は二弁状で唇部は鋭鋸歯縁。2016年8月5日 和歌山県新宮市
コウヤコケシノブ、裂片辺縁(上左) 
コウヤコケシノブ、包膜(上右)



戻る