スジヒトツバ

ウラボシ科 スジヒトツバ属 Cheiropleuria bicuspis

スジヒトツバ、胞子葉(左)、栄養葉(右)2016年12月25日 和歌山県新宮市

生育している環境:日陰のやや乾燥気味の岩壁に生育する。
観察された特徴:常緑性。葉の大きさは15~25㎝、葉柄は細長く葉身とほぼ同長。2形を示し栄養葉は卵形~卵状披針形。胞子葉は細長く線形で裏面全体に胞子がつく。
生育確認数:1地点。和歌山県新宮市。

切り立った岩壁に群生するスジヒトツバ。2016年12月25日 和歌山県新宮市 スジヒトツバ、胞子葉は細長く線形で裏面全体に胞子がつく。2016年12月25日 和歌山県新宮市
切り立った岩壁に群生するスジヒトツバ(上左)
スジヒトツバ、胞子葉の裏側(上右)



戻る