タカサゴキジノオ

キジノオシダ科 キジノオシダ属 Plagiogyria adnata

タカサゴキジノオ。2016年8月5日 和歌山県新宮市

生育している環境:
観察された特徴:常緑性。葉は2形性、栄養葉の大きさは30~40㎝、羽片は無柄、下部羽片では、羽片の基部上部では広く中軸に流れてつき羽片の基部下側では逆に切れ込みわずかに流れてつく。葉身先端では徐々に細くなり頂羽片らしきものは形成されない。
生育確認数:2地点、個体数は多い。

タカサゴキジノオ、葉身下部の羽片の基部上部では広く中軸に流れてつく。2016年8月5日 和歌山県新宮市 タカサゴキジノオ、葉身先端はなだらかに細くなり頂羽片らしきものは確認できない。2016年8月5日 和歌山県新宮市
タカサゴキジノオ、葉身下部(上左)
タカサゴキジノオ、葉身先端(上右)



標本2
タカサゴキジノオ。2016年8月5日 和歌山県新宮市
タカサゴキジノオ

タカサゴキジノオ、葉身下部。2016年8月5日 和歌山県新宮市 タカサゴキジノオ、葉身上部。2016年8月5日 和歌山県新宮市
タカサゴキジノオ、葉身下部(上左)
タカサゴキジノオ、葉身上部(上右)

タカサゴキジノオ、葉身下部の羽片基部。2016年8月5日 和歌山県新宮市 タカサゴキジノオ、中軸断面。2016年8月5日 和歌山県新宮市
タカサゴキジノオ、葉身下部の羽片基部(上左)
タカサゴキジノオ、中軸断面(上右)



戻る