タニイヌワラビ

メシダ科 メシダ属 Athyrium otophorum 

タニイヌワラビ。2016年8月5日 和歌山県新宮市

生育している環境:スギ林植林地が広がるウエットな渓谷内。渓谷沿いのところどころ岩が露出する林床や苔むした岩壁などに生育。
観察された特徴:常緑性。根茎は塊状~直立し葉を叢生する。葉柄~中軸は紅紫色を帯びる。葉の大きさは35~50㎝。葉はやや厚みがあり、黄緑色~青緑色、卵状披針形。小羽片の先は鋭尖頭で基部前側が耳状に発達する。胞子のう群は中肋寄りにつく。
  
生育確認数:2地点。6株。

タニイヌワラビ、右はホソバイヌワラビ。2016年8月5日 和歌山県新宮市
タニイヌワラビ、右はホソバイヌワラビ

タニイヌワラビ、羽片。2016年8月5日 和歌山県新宮市 タニイヌワラビ、羽軸上の刺。2016年12月25日 和歌山県新宮市
タニイヌワラビ、羽片(上左)
タニイヌワラビ、羽軸上の刺(上右)

タニイヌワラビ、胞子のう群は中肋寄りにつく。2016年12月25日 和歌山県新宮市 タニイヌワラビ、胞子のう群は中肋寄りにつく。2016年8月5日 和歌山県新宮市
タニイヌワラビ、胞子のう群(上左、上右)



戻る