テンリュウヌリトラノオ Asplenium shimurae

チャセンシダ科 チャセンシダ属

標本1
狭い渓谷内の苔むした湿り気の多い切り立った岩壁に生育するテンリュウヌリトラノオ。2021年7月29日 和歌山県新宮市
生育している環境:ウエットな渓谷内、樹冠に覆われ、苔むした湿り気の多い切り立った岩壁や岩場に生育。同じ岩壁にはオオフジシダやクルマシダなどが生育。
観察された特徴:常緑性。ヌリトラノオに似るが小形で葉は先で欠けることなく細長く伸び尾状となる。尾状に伸びた葉の先やその付近に無性芽を複数つける。羽片はヌリトラノオほど間隔を開けずつける。1つの羽片につく胞子嚢群は少なく1~4個程度。

テンリュウヌリトラノオ、胞子嚢群は少なく1つの羽片に1~4個程度つけている。2021年7月29日 和歌山県新宮市 テンリュウヌリトラノオ、葉身の上部2箇所に無性芽(むかご)をつけている。2021年7月29日 和歌山県新宮市
(1)テンリュウヌリトラノオ、胞子嚢群
(2)テンリュウヌリトラノオ、葉身の上部の無性芽





標本2
ウエットな岩壁に生育するテンリュウヌリトラノオ、複数の葉が葉身の中~上部にむかご(無性芽)をつけている。2021年7月29日 和歌山県新宮市

テンリュウヌリトラノオ、胞子嚢群は少なく1つの羽片に1~4個程度つけている。2021年7月29日 和歌山県新宮市 テンリュウヌリトラノオ、葉身の上部3箇所に無性芽(むかご)をつけている。2021年7月29日 和歌山県新宮市
(1)テンリュウヌリトラノオ、胞子嚢群
(2)テンリュウヌリトラノオ、葉身の上部の無性芽





標本3
狭い渓谷内の苔むした湿り気の多い切り立った岩壁に生育するテンリュウヌリトラノオ。2021年7月29日 和歌山県新宮市 

テンリュウヌリトラノオ、葉身の上部2箇所に無性芽(むかご)をつけている。2021年7月29日 和歌山県新宮市 テンリュウヌリトラノオ、胞子嚢群は少なく1つの羽片に1~2個程度つけている。2021年7月29日 和歌山県新宮市
(1)テンリュウヌリトラノオ、葉身の上部の無性芽
(2)テンリュウヌリトラノオ、胞子嚢群





標本4
狭い渓谷内の苔むした湿り気の多い切り立った岩壁に生育するテンリュウヌリトラノオ。2021年7月29日 和歌山県新宮市

テンリュウヌリトラノオ、葉身上部の羽片は次第に小さくなり尾状になる。2021年7月29日 和歌山県新宮市 テンリュウヌリトラノオ、葉身の上部3箇所に無性芽(むかご)をつけている。2021年7月29日 和歌山県新宮市
(1)(2)テンリュウヌリトラノオ、葉身の上部の無性芽





標本5
狭い渓谷内の苔むした湿り気の多い切り立った岩壁に生育するテンリュウヌリトラノオ。2021年7月29日 和歌山県新宮市

テンリュウヌリトラノオ、葉身の上部2箇所に無性芽(むかご)をつけている。2021年7月29日 和歌山県新宮市 テンリュウヌリトラノオ、葉身の上部2箇所に無性芽(むかご)をつけている。2021年7月29日 和歌山県新宮市
(1)(2)テンリュウヌリトラノオ、葉身の上部の無性芽





標本6
狭い渓谷内の苔むした湿り気の多い切り立った岩壁に生育するテンリュウヌリトラノオ。2016年8月5日 和歌山県新宮市 テンリュウヌリトラノオとオオフジシダ(右下)2016年8月5日 和歌山県新宮市
(1)テンリュウヌリトラノオ
(2)テンリュウヌリトラノオとオオフジシダ



戻る