トウゲシバ

ヒカゲノカヅラ科 ナンカクラン属  

トウゲシバ。2016年12月25日 和歌山県新宮市

生育している環境:ウエットな渓谷沿いのスギ林内、腐植の厚い林床や岩壁に生育。
観察された特徴:根茎は地中を這い10~15㎝の茎を立ち上げ地上部では2~3本に枝分かれする。葉の幅は狭く形は倒披針形。胞子のうをつけた茎から出る葉は短縮するが、ヒロハトウゲシバほどその差は大きくない。群生地では込み合って群生することがある。
生育確認数:2地点。5株。

トウゲシバ、若い株。2016年12月25日 和歌山県新宮市 トウゲシバ、胞子のう。2016年12月25日 和歌山県新宮市
トウゲシバ、若い株(上左)
トウゲシバ、胞子のう(上右)



戻る