ナガバノイタチシダ

オシダ科 オシダ属 Dryopteris sparsa 

ナガバノイタチシダ、冬季は暗い緑色。2016年12月25日 和歌山県新宮市

生育している環境:スギ林植林地が広がるウエットな渓谷内。厚く腐植が堆積する林床に生育。
観察された特徴:常緑性。根茎は塊状。葉を叢生する。葉柄には膜質淡褐色鱗片がつく。葉は小さく大きさは40~80㎝、光沢が乏しく、鮮緑色~暗緑色、葉の形は最下羽片下側第1小羽片は最大となる。側羽片は9対程度あり卵状披針形に見える。裂片の辺縁の鋸歯の先端は葉面から立ち上がる。胞子のう群は中間~中肋寄りにつく。
  
生育確認数:2地点、4株。和歌山県新宮市。

ナガバノイタチシダ、生育が盛んな夏季は鮮緑色。2016年8月5日 和歌山県新宮市
夏に見たナガバノイタチシダ

ナガバノイタチシダ、根茎は塊状。2016年12月25日 和歌山県新宮市 ナガバノイタチシダ、最下羽片下側(後側)第1小羽片は最大となるが特に突出することは無い。2016年12月25日 和歌山県新宮市
ナガバノイタチシダ、根茎(上左)
ナガバノイタチシダ、最下羽片(上右)



戻る