クロミノイタチシダ Dryopteris melanocarpa

オシダ科 オシダ属  

クロミノイタチシダ。2016年8月5日 和歌山県新宮市

生育している環境:スギ林植林地が広がるウエットな渓谷内。流れのそばの岩場に生育。
観察された特徴:常緑性。根茎は塊状。葉を叢生する。葉柄には膜質淡褐色鱗片がつく。葉は小さく大きさは25~35㎝、葉はやや厚みがあり、光沢があり、黄緑色~鮮緑色、葉の形は最下羽片下側第1小羽片は発達し羽片数が少ないためやや長い五角形状に見える。裂片の辺縁の鋸歯の先端は葉面から立ち上がる。胞子のう群は中間につく。
 
生育確認数1地点、3株。和歌山県新宮市。

クロミノイタチシダ、根茎。2016年12月25日 和歌山県新宮市 クロミノイタチシダ、根茎。2016年8月5日 和歌山県新宮市
クロミノイタチシダ(上左)
クロミノイタチシダ、根茎(上右)

クロミノイタチシダ、最下羽片下側第1小羽片は発達する。2016年12月25日 和歌山県新宮市 クロミノイタチシダ、裂片の辺縁の鋸歯の先端は葉面から立ち上がる。2016年12月25日 和歌山県新宮市
クロミノイタチシダ?、最下羽片(上左、上右)

クロミノイタチシダ、胞子のう群は葉身の上から、羽片の先からつく。2016年12月25日 和歌山県新宮市 クロミノイタチシダ、胞子のう群は中間につく。2016年12月25日 和歌山県新宮市
クロミノイタチシダ、胞子のう群は葉身裏側(上左)
クロミノイタチシダ、胞子のう群(上右)



戻る