ニシノコハチジョウシダコハチジョウシダ

イノモトソウ科 イノモトソウ属 Pteris kiuschiuensis 

ニシノコハチジョウシダ。2016年12月25日 和歌山県新宮市

生育している環境:スギ植林地内、渓谷沿いの岩場や地表に岩が露出するようなところに生育。
観察された特徴:常緑性。葉の大きさは30~80㎝、葉は軸折れする。葉は淡緑色~暗青緑色で光沢はない。羽片は中軸に対して直角につき先のほうで鎌形に曲がる。羽片の数は多く5~10対。幅は一定。最下羽片下側には1~2個の小羽片をつける。基部は切形。裂片基部後側葉脈は分岐点より出る。  
生育確認数:3地点。個体数は多い。

ニシノコハチジョウシダ。2016年12月25日 和歌山県新宮市
切り立った岩壁に生育するニシノコハチジョウシダコハチジョウシダ

ニシノコハチジョウシダ、中軸および羽片。2016年12月25日 和歌山県新宮市 ニシノコハチジョウシダ、、中軸および羽片。2016年12月25日 和歌山県新宮市
ニシノコハチジョウシダコハチジョウシダ、中軸および羽片(上左、上右)

ニシノコハチジョウシダ、最下羽片。2016年12月25日 和歌山県新宮市 ニシノコハチジョウシダ、羽片基部。2016年12月25日 和歌山県新宮市
ニシノコハチジョウシダコハチジョウシダ、最下羽片(上左)
ニシノコハチジョウシダコハチジョウシダ、羽片基部(上右)

ニシノコハチジョウシダ、裂片基部後側の側脈は分岐点より出る。2016年12月25日 和歌山県新宮市 ニシノコハチジョウシダ、裂片基部後側の側脈は分岐点より出る。2016年12月25日 和歌山県新宮市
ニシノコハチジョウシダコハチジョウシダ、胞子のう群および裂片基部後側の側脈(上左、上右)



戻る