ホソバミヤマノコギリシダ

メシダ科 ノコギリシダ属

ホソバミヤマノコギリシダ。2016年12月25日和歌山県新宮市

生育している環境:スギ植林地内、渓谷沿いの岩がところどころに露出するような環境に生育。
観察された特徴:常緑性。葉は間隔をあけてつける。葉柄は黒紫色で光沢がある。葉の大きさは30~50㎝、楕円状披針形~卵状三角形、革質で光沢がある。1回羽状に分かれる。羽片は有柄、基部は切形、先端は鋭尖頭、形は線形で辺縁は浅鋸歯~浅裂。胞子のう群は線形で緩やかな三日月形で中間につく。  
生育確認数:1地点。個体数は多い。

ホソバノコギリシダ、最下羽片の柄。2016年12月25日 和歌山県新宮市 ホソバノコギリシダ、胞子のう群。2016年12月25日 和歌山県新宮市
ホソバノコギリシダ、(上左)
ホソバノコギリシダ、胞子のう群(上右)




標本2
ホソバノコギリシダ。2016年12月25日和歌山県新宮市
ホソバノコギリシダ

ホソバノコギリシダ、胞子のう群。2016年12月25日 和歌山県新宮市 ホソバノコギリシダ、胞子のう群。2016年12月25日 和歌山県新宮市
ホソバノコギリシダ、胞子のう群(上左、上右)



戻る